[超怖い話 実話] ノックをする音 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] ノックをする音 短編

超怖い話 実話 短編


出張で長野県のある田舎町へ行った同僚。

宿泊したのは、昔ながらのビジネスホテル。

綺麗に掃除はしてあるが、年期が入っている感じだったそうです。

仕事から疲れて寝ていると、夜中1時くらいにノックの音で目が覚めた。


IMG_1755.jpg

「 こんな夜中なんだから、これは人間ではない 」

と悟った同僚は、そーーーっと、ノックがするドアの方に近づいてみた。

でも、ノックの音はドアからは聞こえなかった。

最初は トントン だったが だんだんと叩く音が強くなりドンドン!!!!

と、強くなっていく。

ノックのする音は

 お風呂場から だったそうです。


そのまま、荷物を持ってチェックアウトして、スーパー銭湯に行ったと言ってました。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.10|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます