FC2ブログ

【怖い話 実話】犯人は彼女に致命傷を負わせた 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】犯人は彼女に致命傷を負わせた 短編

今から十数年ほど前の話。

人から聞いた話なのでうろ覚えだが。

S市で、

ある通り魔事件が多発していた。

IMG_1906.jpg


夜中一人で歩いている女性ばかりを狙い、

刃物で切りつけるといった悪質なもの。

幸い、被害者の殆どが軽傷、

ひどくても命に別状は無い程度だった。

しかし、この事件最後の被害者となった

A子さんは違った。

たまたまなのか、

故意なのかわからないが、

犯人は彼女に致命傷を負わせた。

A子さんはその日、

どうしても家に帰る必要があった。

彼女には、女手一つで育てている

一人息子がいて、

その日は子供の誕生日だったのだ。

本来なら動けないほどの傷であるにも

関わらず、

A子さんは体をひきずりつつ家に帰ろうとした。

翌朝、彼女の遺体が犯行現場からおよそ

300m離れた場所で見つかった。

それからというもの、夜中、一人で

道を歩いていると、後ろから何かを

引きずるような音が聞こえるという

噂が広まった。

話の中身は、こうだ。

・音が聞こえても、けして振り返ってはならない。

・もし振り返ったら、首をナイフで切られて殺される。

・振り返らず、しばらく歩いていると声を掛けられる。

・この時「おかえりなさい」と三回唱えれば、消える。

・それができなければ、やはり殺される。

余談ではあるが、この話の引き金となった

通り魔事件の犯人と思われていた男が、

A子さんの死んだ場所からそう遠くない場所で

首を切って自殺していたそうだ。

状況から見て、自殺の線しか

考えられないとのことであったが、

何故か、使用したはずのナイフは

見つからなかったとの事。

また、死体の近くには何かを引きずった様な

跡が見られたという・・・。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2016.12.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(1)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2017-01-01 00:01 from -

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます