FC2ブログ

【怖い話 実話 洒落怖】一番奥が仏間 洒落怖にならない怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落怖】一番奥が仏間 洒落怖にならない怖い話 短編

家のじいちゃんが生きていた時の話、

玄関から伸びる廊下の横にふすまで

仕切った部屋が3つ有り、

一番奥が仏間でじいちゃんとばあちゃんが寝ていた

IMG_1339.jpg


その横の部屋で2人のねえちゃんが寝てたんだけど・・・・

ある晩真夜中にふすまの向こう側の廊下から

足音が聞こえたらしい、

それも忍者が小走りに

走るようなヒタヒタヒタ ヒタヒタヒタと

歩いては止まりを繰り返し何度も往復しているようだった。

上のねえちゃんが最初に気付いて

下のねえちゃんを起こして、

泥棒だよ恐いねと抱き合い廊下側では無い横の

ふすまを開けておじいちゃんとおばあちゃんを

起こしたそうです。

じいちゃんが明かりをつければビックリして逃げるだろうと

電気を付けましたが足音も止む気配が無く、

おばあちゃんがそっとふすまを開けて

真っ黒な廊下を覗き込んだそうです。

誰も居ない廊下にヒタヒタヒタヒタヒと言う足音と

板の間でしたのでミシという

音だけが聞こえたそうです。

じいちゃんは仏間のホウキを握って

俺が見てくると言って廊下に出た瞬間、

・・・・・・・・・・・

目の前をドタドタと今度はけたたましい音で、

見えない何かが玄関へ走って行き

玄関のドア(スリガラスの)が

ガタガタ揺れたと思ったらドアの向こう側が

火事のように真っ赤に光ったそうです。

ねえちゃんもばあちゃんもハッキリと見たそうですが、

表で何かが燃えている様な凄い物だったそうですが、

直ぐに消えたそうです。

翌日、そんな話を朝食時に聞かされ

(私は別棟で両親と寝ていた)

みんなで不思議がっていました。

すると電話が鳴り近所に住むおじいちゃんの親友が

昨夜亡くなったとのことで、

じいちゃんは昨日の晩の出来事は

きっとその親友が最後のお別れに

来たんだと言っていました。

後で分かったのが、足音がした時間と

家族に看取られて息を引き取った

時間が同じ時間だったそうです。

こういう事もあるんですね。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.01.29|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます