FC2ブログ

【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】『嫌な物見たぜ…』 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】『嫌な物見たぜ…』 短編

『嫌な物見たぜ…』

そう言いながら事故に遭い2ヶ月近く入院

していた友達が

退院後に話してくれた。
IMG_1464.jpg


彼は毎日夜中に健康のためにジョギングを

していたのだがある日後ろから来た車に轢かれ重傷を負った。

その時彼を轢いた車は彼を助けることも無く逃げ去った。

時間は夜中の1時過ぎ片田舎の街道には通り過ぎる

車も人も無く彼は独り道端に倒れ込んだまま動けずにいた。

あまりの激痛に声も出せず意識も朦朧としかけた

時目の前の路上に女性の足が見えた。

彼は『助かった…』と思い出せる限りの声でその女性に

『救急車を呼んでください!』と叫んだそうです。

しかし女性は返事をすることはおろか彼の目の前に

腰を降ろし顔を覗き込みながら『私と

一緒に行くんだよ…』ヘラヘラと笑っていたそうです。

その顔は確実に生きてる人間のそれでは無かったと…。

彼はあまりの恐怖におそらく失神したらしく

気付けば救急車の中だったと言います。

そのまま入院となり何日か経過し彼は

『あの女はもしかして夢だったのかも

知れない』と考えていました。

しかし入院中にたった一度だけあの女を

見てしまったそうです。

それは身体の具合もだいぶ良くなった頃夜中に

トイレに行きたくなりベッドから身を起こ

そうとした時ベッドを囲むカーテンの向こうに

人の気配を感じ彼は『あぁ看護師さんの深夜の

見回りか…』と思ったそうです。

しかし起こそうとした体が全く動かず金縛り状態頭

の中に忘れかけていた女の顔が浮かび恐怖の

あまり目をギュッと瞑り気配が消えるのを待っていました。

するとカーテンがサッと開く音が聞こえひんやりとした

空気と共に耳元で『ここに居たのか…』と女の声で

囁かれ思わず目を開けると事故現場で見た女の顔が

目の前にあったそうです。

彼は振り絞る声で『俺はテメーと一緒になんか

行かねえよ!』と言うと女の気配は消えていったそうです。

それからは女の霊が現れることもなく無事に退院出来ました。

彼が轢かれた場所で以前女性の轢き逃げ事件

があったのは言うまでもない事実です。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.01.28|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます