[超怖い話 実話] はまりすぎの彼女の行方 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] はまりすぎの彼女の行方 長編

超怖い話 実話 長編


友達の彼女は、何に対してもはまってしまう性格でした。


そんな彼女が、数週間前から連絡の付かないと聞き

友達と二人で彼女の家を訪れてみた。

母親が出迎えてくれ、彼女の部屋にあげてもらった。

彼女の部屋いっぱいに貼られた、大きなポスターには教祖様と書かれた知らない男性が

白い服を着ているものだった。

IMG_0748.jpg

母親が 「 2週間前から連絡が途絶えてしまい、心配になってきてみた。」

と、悲しげな表情で話していた。

お札の様な物が、部屋中に貼ってあり、ペットボトルに入った怪しげな水もあった。

パンフレットが何百枚も机の上にあり、東北地方にある施設の場所が書かれていた。

ヨガを基本とするセミナーの募集だった。

あれから、数年経ちますが、彼女は戻ってきていないそうです。

何度も母親が東北地方のセミナーの施設に連絡したようでしたが、未だに見つかっていません。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます