FC2ブログ

[超怖い話 実話] 近所のおばさんの怖い体験 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 近所のおばさんの怖い体験 長編

超濃い話 実話 長編


母と仲がよかった、近所のおばさんのお母さんが亡くなった。

おばさんのお母さんは、末期のガンで長い入院生活だったらしい。

おばさんのお母さんが亡くなり、病院の地下の霊安室から階段を上っている時・・・・

” ピチャ ピチャ ピチャ ”

と、誰もいないのに突然音がしたらしい。

その音は、霊安室の中のコンクリートの壁を手のひらで叩いてるようだったという。


IMG_1853.jpg

おばさんが、そーっと後ろを振り向くと・・

死んだはずのお母さんが、白い着物で手すりにつかまりながら

階段を1段・・・1段・・・こっちへ上っているところだった。

「 本当にびっくりした・・・本当にああいう事はあるのね〜 」

と、母に言っていたそうです。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます