【怖い話 実話 心霊・怪談】先日の土曜の深夜 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 心霊・怪談】先日の土曜の深夜 短編

私はコンビニでアルバイトを

しているフリーターです。

先日の土曜の深夜にシフトが

入っていたときのこと。

IMG_0549.jpg


いつもと相変らずに菓子出しをしたりレジを

打ったりしているうちに、ゴミ処分の時間がきました。

ゴミ処分の時間は2時~3時ぐらいに始めて、

45分後ぐらいで終わります。

田舎のコンビニなので辺りは数件の民家と

暗い県道、田んぼと山ぐらいしかなく。

勤務中にも関わらず今ではタバコを

吸う余裕があるくらい誰も来ません。

その日も俺はゴミを分別したりまとめたりしていたのだが、

田んぼを隔てた山から子どもの

大きな泣き声が聞えてきました。

その泣き声は今まで聞いたことのないくらい

大きく必死な泣き声でした。

山には家など建っておらず、その泣き声の持ち主の

子どもが心配になりました。

しかし、夜勤ということもあり疲れから

幻聴が聞えているのではと思いました。

タイミングよく来た女性客に尋ねましたが、

運悪く聞き耳を立てた時だけ泣き止むのです。

好奇心が湧きましたがバイト中ということもあり、

無視し続けゴミ処理も終わったところで中の掃除を

し始めました。

しばらくすると10歳くらいの男の子と

その母親っぽい人が入店してきました。

時計の針は午前3時12分をさしてました。

母親はカゴに生理用品とパンを入れるとレジに

来て俺が会計を済ませるとすぐに店を出てました。

と、ここで俺は一緒に入店した男の子を

置いていったことに気づきすぐさま「お客様!!」

と店を出て呼びましたが、

すでに姿は見えませんでした。

とりあえず店の何処かにいる男の子を探して手

がかりを見つけようと思い探しましたが、

何処にもいません。

トイレにもバックルームにもいませんでした。

そこで相方(バックルームにて休憩中)に聞くと

ずっと監視カメラのモニタ-を見ていたが男の子は

映らなかったとか言う始末。

で、女性客は来てたがその女性の子どもは

見てないとかで、背筋がぞっとしました。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.01.11|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます