[超怖い話 実話] 戦慄の精神病棟 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 戦慄の精神病棟 短編

超怖い話 実話 短編


精神病院に、トイレの修理へ行ったときの話。

病院からトイレの修理を頼まれて、行った時の事。

修理用の工具を車に忘れたので、車に取りに戻った。

その時に見たのが凄かった。

車のバンの後部座席から荷台まで

患者がぎゅうぎゅうに車に入り込んでいた。

車の中は、患者のうめき声とよだれですごいことになってた。


IMG_1226.jpg

精神病院の職員が言うには

「きっと、家に帰れると思ったのでしょうね〜・・・・」

と笑っていた。

その笑顔が顔に張り付いた感じで、怖さが倍増しました。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます