【怖い話 実話】婚約者 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】婚約者 短編

ある男が、年下の婚約者を両親に紹介するために実家へ

帰った。婚約者は、容姿、家柄、学歴等申し分のない

女性であったが、どうも両親の

態度が芳しくない。

IMG_2138.jpg


結婚に反対する訳ではないのだが、

婚約者を見る目が何となく暗い。

男は、夜になって母親と二人きりになった際に、

何か気になる事でもあるのか?と聞いてみた。

母親はそれには答えず、箪笥(たんす)の引き

出しから1枚の写真を取りだした。

初めて見る写真だった。

「お前が生まれたときの写真だ」

産湯に浸かった赤ん坊を、

産婆と父親らしき男性が覗き込んでいる。

「・・・ここ見てみ」母親は赤ん坊の足元あたりの

水面を指差した。

そこには、笑顔で赤ん坊の方に手を延ばす

婚約者の姿が写り込んでいた。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.01.11|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます