FC2ブログ

【怖い話 実話】基地気味な人 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】基地気味な人 短編

予備校からの帰り道、自転車を漕いで帰っていた。

その日は予備校で知り合った友達の家に

寄ったのでいつもと違う道を帰った。

そいつがそっちからでもいけるよ、と言ってくれた。

IMG_1867.jpg


でもはじめて通る道だったし、やたらシーンと

していて若干薄気味悪かった。

夜10時くらい、民家の密集地帯に通りかかった。

前の方に誰かが立ってるのが見えた。

よく見ると中年のおばさんがホースで

家の前に水をまいている。

こんな夜中に、と思いながら通り過ぎようとした。

そのときふと、自分の背中が濡れるのを感じた。

えっ、と振りかえるとおばさんがニヤニヤしながら俺に

ホースを向けていた。

と次の瞬間おばさんが俺の方に向かって走り出してきた。

水がジャブジャブかかるのを感じながら必死で

自転車を漕いで逃げた

翌日友達に聞いたところによると、

やはりちょっと基地気味な人が住んでるんだと。

リアルで怖かった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.01.30|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(2)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

No title

地味ながら、妙に怖いアルアル… 
ヤバいヤバい…

いつも ありがとうございます。

2017-01-31 01:03 from 寒苦鳥

共産党潰しの為 時の政権が松本清張へ 共産党潰しの作品を創らせた事
怖いですね

2017-01-31 21:24 from もと

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます