【怖い話 実話】本当に不思議な体験 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】本当に不思議な体験 短編

数年前に体験した、今でもよくわかんない話。

俺と友達のA男は、短大で美術の勉強して

たんだけど、確か7月か8月、暑い頃に大学内で

サークル活動してた時のことだったはず。

IMG_2332.jpg


この時の参加者は5人。

俺、A男、B子、C子、K先輩(男)

中心に胸像とか果物カゴ置いて、

俺たちは周りを囲むように座ってスケッチする。

描けたら今度はイスを動かして、

違う角度からもう1枚描く。

この繰り返し。

この日モデルになったのが、台の上に

置かれた、ブロンズ製、粗い造りの女性像。

モデルを決めるのはいつも適当なんだけど、

それは、K先輩が適当に見繕って

持ってきたものだということだった。

俺はイヤだったんだよね、だってその女性像には

首と腕と足がなかった。

二の腕と太ももから下がない女性像なら、分かる。

女性の身体の曲線美を際立たせるために、

そういう風に四肢を途中からあえて

造らない女性像は結構あるから。

でもその日の女性像には首も無いし、

四肢も肩と足の付け根から、バッサリと無い。

服屋においてあるトルソーが、ブロンズで

超生々しくなった感じっていうのかな。

とにかくすげー不気味だった。

途中省くけど、その女性像を囲んで

スケッチを始めたんだが出来上がった絵を

見たら、みんな違うものを描いてたんだよ。

俺が描いたのは、見開いた両目。

A男は、中から剛毛の腕が1本出てきている

女性器のアップ。

K先輩、二つの充血した目玉

C子、ちょっと書けないぐらいグロいもの

(男性器がすごいことになってる)

B子、教室内に浮かぶ半開きの目

誰も女性像を描いてなかった。

なんでそれらを描いたのか未だに

わかんないんだけど、イメージが沸いたから

それを無意識に描いてたと言えば

それまでなのかなとも思った。

でもグロ耐性ないA男とかC子があんなの

無意識で描いたとか信じがたい。

結局よくわかんないまま、その日は教室の

電気も消さずに全員逃げ帰った。

スケッチブックをその場に投げ出して、

女性像もほったらかしで・・・。

次の日A男とその教室を覗いてみたら、

全部片付いてた。

C子、B子、K先輩にそれを話しても

何も知らないと言う。

結局、今でもなにがなんだかわからない。

女性像もスケッチブックもどこにしまわれたのか、

全くもって行方不明。

怖いからそんなに念入りには探してないけど。

もしかしたら女性像の表面に、

細かくビッシリと目玉が描いてあってサブリミナルで

描かされたのかなとも後で思ったんだけどね。

目玉じゃない絵もあるし。

C子の絵なんて気持ち悪すぎた。

あと俺が担がれたのかもしれないとも思ったんだけど、

俺自身がワケわかんないもの描いちゃってるからなぁ。

本当に不思議な体験でした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.01.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます