FC2ブログ

[超怖い話 実話] 高速道路での事故多発地帯 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 高速道路での事故多発地帯 短編

超怖い話 実話 短編


お盆で田舎へ帰っている途中の高速道路に入った所だった。

お盆という事もあり、もの凄く渋滞でのろのろ運転。

気配を感じたので、運転席の右窓を見ると、真横に70代くらいのおじいさんが歩いていた。

まさか高速道を歩いているとは思わなかった。

危うく人身事故になるところだった。

IMG_1823.jpg

気になったので、バックミラーを見ていると

おじいさんは無事に、家族連れみたいな車に乗ったようだった。

でも、すぐに違和感を感じた。

後続車が間隔を空けずに沢山後ろにいた。

のろのろ運転の渋滞はわかるが、わざわざ高速道路で降りている人なんていないはず・・・・

少し走っていると看板が見え

” 事故多発地帯 ”

お盆だったし、帰ってきたんだな・・・と思いました。


超怖い話 ランキング ★★★☆☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.15|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます