FC2ブログ

【怖い話 実話 じわ怖】3年もこのままなんです じわじわ来る怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】3年もこのままなんです じわじわ来る怖い話 短編

一昨日こんな事がありました。いつも使用している駅の

タクシー乗り場に、一人の男性が立っていた。

私もタクシーに乗りたかったので、彼の後ろに並んだ。

友人と電話をしていたので、ちょっと距離を開けて並んでいた。

IMG_0278.jpg


タクシーが、何故か私の目の前に止まりドアを開けた。

携帯で話しをしながらチラリと前の男性を見たが、

彼はタクシーに乗ろうとしないし、ぼーっと遠くを

見ている様だった。 私が電話越しにとても

急いでいると話していたのが聞こえ、

彼が譲ってくれているのかな?と思った私は、

電話を切り、前の男性に軽く会釈をして

タクシーに乗った。

すると男性は大きく目を開け、

「あなた私が見えるんですか!?」

と叫んだ。

ポカンとしていると彼は駆け寄って来た。

しかし、タクシーのドアは閉まり、トロトロと進み出した。

「見えるんですね!?待って下さい!!

僕はどうすればいいんでしょうか?

3年もこのままなんです」

と彼は走りながらタクシーの窓を叩き叫んでいたが、

タクシーはスピードを上げ、

あっという間に彼は見えなくなった。

このタクシーの運転手はもちろん周りの人達は、

あんなに大声で叫んでいた彼に全くの無反応。

あの男性が、ただの変質者だとは思えません。

私は今まで幽霊なんて見たこともなかったので、

その時は本当にポカンとなり、ボーっとドラマの様に、

タクシーを追いかけている男性を見ていました。

彼が見えなくなってからハッと我に返り、運転手さんに

「今の人何だったんですかね?」

と聞いて、

「はい?どうかされました?」

と言われて、初めて怖くなりました。

これからまたその駅に行かなければなりません。

すごく怖いんですけど、ばったり

会ったらどうすればいいですかね?


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます