【怖い話 実話 不気味な話】と「クラス替えアンケート」 恐ろしい話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】と「クラス替えアンケート」 恐ろしい話 長編

子供の頃の奇妙な

体験ってけっこうあるよな。

ずっと気になってたことを書いてみる。

毎年3月が近くなると「クラス替えアンケート」

IMG_1884.jpg


のことを思い出すんだけど、

俺以外にこんな体験した人っているかな?

俺が小学校4年生のときの話で、俺が当時通っていた

小学校は結構な大規模校で毎年クラス替えがあった。

春休み中、3月の終わりに先生方の離任式があって、

そのときに体育館に新しいクラスの

名簿を張り出すんだけど、親友や好きな女の子と

一緒になりたいとか、毎年すごく

ドキドキしたことを覚えている。

その年、3学期の2月に入ってすぐ

俺に一通の封書が来た。

「クラス替えアンケート」という文字が表に大きく印刷され、

教材会社の主催になってたけど、これまで調べた限りでは

その名前の教材会社は存在しないんだ。

中身はどんな内容かというと、俺の小学校の4年生の中で、

絶対に同じクラスになりたくない人の名前を

一名書いてくださいというもので、それを出した人には

文房具のセットが当たるかもしれないということだった。

当時俺は雑誌の懸賞に応募するのが趣味だったし、

返信用のはがきが入っていたので、特に変だとも思わず、

同学年で一番嫌ないじめっ子の名前を書いて出してやった。

実は俺はその名前を書いたやつと家が近所で、

登下校でよく嫌がらせをされていた。

別のクラスだからまだよかったものの、

同じクラスになれば本格的なイジメを受ける

可能性があって、絶対に同じクラスには

なりたくないと思っていた。

5年生は6クラスあるから可能性は低いんだけど・・・。

その後、すっかりそのアンケートのことは

忘れていたんだけど、3月に入ってすぐに

同じ名前の教材会社から大きな封筒が届いた。

それで前のアンケートのことを思い出したんだけど、

内容は、俺に文房具セットが当選したというもので、

そこまでは不思議はないんだけど、その

文房具セットが送られてくるには条件があって、

一つやってほしいことがあると書いてあった。

それと、俺が名前を書いてやったいじめっ子とは同じ

クラスにはならないだろう、ということも書かれていて、

まだクラス替えの先生方の会議も行われていない時期の

はずだったので、それはちょっと不思議だったのを覚えている。

その封書の中には一つ、厳重に和紙でくるまれた

お守りのようなものが入っていて、その表には俺の

住んでいる地域から遠く離れた県名と、

知らない小学校名、それから5年生という文字と、

やはり知らない男の子らしい名前が気味の

悪い赤い字で大きく書かれていた。

封書にはそのお守りのようなものを、

俺の住んでいる地域にある神社の境内にある松の木に、

3月8日の午後9時以降に釘で打ち付けて

ほしいという内容だった。

それをやったら懸賞のセットを

送ってくれるということみたいだった。

それからその封書は、前に来たものと

一緒に全てが済んだら近くの川に流してほしいとも

書かれていた。

これはすごく不思議で、最初は仲のよかった中学生の

兄に相談しようと思ったけど、封書にはこのことは誰にも

話してはいけないと書いてあったのでやめにした。

神社は自転車で5分程度のところにあり、

そのお守りのようなのを釘で木に打ち付けるのは

難しいことではない。

雪の降る地域でもないし、寒いけど9時過ぎに

15分ほど家を空けるのは何でもなかった。

その封書とお守りは自分の勉強机に入れておいた。

そして3月8日になった。

おれは手紙の依頼通りにやることに決めていて、

夕食後9時を過ぎてから、そのお守りとどこにでも

あるような釘とカナヅチを持って、

グランドコートを着て自転車で神社に出かけた。

その神社は住宅街のやや小高い岡の上にあって、

俺は下で自転車を降りて幅の狭い石段を登っていった。

石段にも神社の境内にも一つずつ街灯があったので、

暗いけど足元は見えた。
もちろんまったく人影はなく、さすがに気味が

悪くて早く終わらせようと、コートのポケットから

お守りと釘とカナヅチを取り出し、走って何本か

鳥居をくぐり神社までの参道から脇に入って、

おみくじが結びつけられたりしている松の木を一本選び、

名前が書かれているほうを自分の頭の上くらいの高さで

表にして、真ん中に強く二・三度釘を打ち付けた。

すると手の中でそのお守りが微妙に動いた感覚があって、

俺は思わず手を離したけど、お守りは木に

固定されて落ちなかった。

そのとき、10mほど離れた神社の脇から急に人が

出てきて、こっちに向かって大きな声で「見届けた」と言った。

その人の姿は暗くて、あとで思い出してみても

どんな服装だったかもわからなかった。

声は男のものだった。

俺はもう完全に怖じ気づいていたので、

そのまま後ろも見ないでカナヅチを放り出して

走って石段を下まで降り、自転車に飛び乗って

家に帰った。

ここから書くことはあまりない。

俺がアンケートに名前を書いたいじめっ子は、

その1週間後に自転車に乗っているときに

トラックにひかれて死んだ。

封書などは指示どおり近くの川に流した。

4月に入って有名なデパートから立派な文房具セットが

送られて来たが、封書にあった教材会社名は

どこにもなかった。

その後一回も連絡はない。

神社には何年も立ち寄らなかったので木に

打ち付けたものがどうなったかわからない。

カナヅチをなくしたので親父に後でしかられた。

一番気になるのは、そのお守りに名前があった

知らないやつだが、どうなったかはもちろん

わからないし調べてもいない。

改めて書いてみるとやっぱり奇妙な体験で、

すべて自分が想像で作り出したことのような気もする。

文房具セットは兄にずいぶんうらやましがられたけど、

たんに懸賞に当たっただけなのかもしれない。

子供の頃の体験だけど、こんな経験をした

人って他にいませんか?


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます