【怖い話 実話 不気味な話】あまり夜に求めてこなくなった 恐ろしい話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】あまり夜に求めてこなくなった 恐ろしい話 短編

大学時代に付き合ってた彼氏の話です。

付き合い始めて一年半ほどたったころ、

彼は引っ越したのだが、

その頃からあまり夜に求めてこなくなった。

IMG_1646.jpg


浮気してるか、別れたくなったのか、疑心暗鬼に

なった私は、ある日酔った彼に問い詰めた。

彼はなんだかんだと理由をつけて、なかなか口を

割らなかったのだが、とうとう観念したのか、

こんな話を私にした。

引っ越してからすぐ、夜寝ていると物音で目が覚める。

シャンシャンという金属音だが、出所がよくわからない。

一週間ほどたったころ、その物音で目覚めると、

奥の部屋からそろりそろりと和服の女が近づいてきた。

彼は驚いたが、なぜか体が動かず、声も出す

ことができなかった。

女は彼の横に添い、何か語りかけると、

そのままエロいことを始めた。

彼は恐怖でそれどころではなかったが、体は動かず、

女のされるがままにいたという。

女は事を終えると、感謝の言葉をかけ、部屋の奥に消えた。

それと同時に動かなかった体の縛りが解けた。

それが二日に一回のペースで今まで続いてきているという。

最近は体の金縛りがなくなり、

彼も共に行為に及んでいるとか・・・。

行為の最中はもう意識が定かでなく、

無我夢中になってしまい、終わったあとはすぐ

寝てしまい、よく覚えてないとか。

彼は本当に怯えており、二人で対策を練ったが、

素人なので、何もいい案がでるはずもなく、

結局近い内に引っ越そうという結論に至った。

その数日後、彼の部屋に泊まったとき、夜中にふと

物音で目覚めると、彼氏が戸を開け、

外に出ようとしているところだった。

声をかけると、振り向いた彼の目は虚ろで、

サキと一緒に行ってくるよ、と言った。

私は慌てて彼を引き止め、ひっぱたいたり、

烏龍茶を頭からかけたりして、彼の目を覚ました。

我に返った彼によると、女が枕元に現れ、

様々な誘惑の言葉をかけられ、全く抵抗できず

誘われるまま外に出ようとしてたとのこと。

その際、散々な言われようで私の悪口を

言っていたらしい。

彼はその日以来部屋には帰らず、

友達の部屋に居候し、部屋は引き払い、引っ越した。

その後は私たちの前に女が現れることはなかった。

彼とはその後しばらくして別れてしまったが、

先日同窓会で会ったとき、思い出話でなんと

なくその話題をしたらものすごい剣幕で怒られた。

これは勘だが、まだ彼はあの女から

逃げ切れてないのかな、そう感じた。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.15|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます