【怖い話 実話 心霊・怪談】普段霊感ゼロの俺が冴えてた日の信じられない話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 心霊・怪談】普段霊感ゼロの俺が冴えてた日の信じられない話 長編

普段霊感ゼロの俺が冴えてた日の話。

遠方に住んでる5年来の友達Yが、

1週間ほど

俺のアパートに泊まりに来てた。

IMG_2041.jpg


毎晩騒いで楽しい1週間だったんだけど、

ついに彼が帰る日になってしまった。

Yとは1年に1度会えるかどうかなので、

「また寂しくなるな」なんて思いながら、彼が帰る準備をする

様子を見ていた。

するとYは突然、「やべぇ、カバンが壊れた!」と言い出した。

Yの鞄はファスナーで開け閉めするタイプだったんだけど、

見ると、噛み合わせが悪いわけでもないのに

開かなくなってしまっていた。

Yが力ずくでファスナーを引っ張ってみても、

ビクともしない。

その間にもYが乗るバスの時間が迫ってきていたが、

俺は「これでバスに乗り遅れれば、

Yの滞在期間が延びるかも!」と、

ちょっと期待してしまった。

開く気配の見せない鞄に業を煮やしたYは、

「ちょ、お前やってみてくれ」と俺に鞄を渡した。

なるほど、どんなに思いっきり引っ張っても、

ファスナーは動かない。

それを見ていたYは、「どうしよ・・・」と困り果てていた。

どうやら次の日は大事な授業があって、

どうしても今日中に帰らないといけないらしい。

で、今日中に彼が帰るには、

そのバスに乗らなければいけない。

Yに帰ってほしくないと思っていた俺だが、

その事情を知ってYが可哀想に思えてきた。

そして心の中で、「どうか開いてくれ!」と強く念じて、

優しくファスナーを引っ張った。

すると、さっきまで開く気配すら見せなかった

鞄が簡単に開いてしまった。

「え!?どうやって開けたの!?」

と驚くYに、俺は冗談で「霊力使ったんだよw」と言った。

Yは「あっそwwでも、どうして開かなくなったんだろ?」

と言って、まだ荷物を入れてないのに、

もう一度鞄を閉めた。

その時俺は、鞄が開いたことに

ほっとしていたが、

また少し寂しさが込み上げてきた。

そしてYが再び開けようとすると、

またもや鞄は開かなくなってしまった。

焦るY。

彼は「もう1回開けてくれ!」と言って、鞄を俺に渡した。

俺はもう一度「開いてくれ!」と念じ、

ファスナーを引っ張った。

すると、さっき同様簡単に開いてしまった。

「なんで!?ホントに霊力!?」

と不思議がるYに「荷物入れるまで

閉めんなよ」と言って鞄を返した。

Yはなんとかバスに間に合い、帰って行った。

Yが帰った夜、俺は大学の友人Mと

遊ぶ約束をしていた。

集合時間は20時。

時間通りに集合場所に着いたが、Mの姿はない。

20時を少し過ぎたころ、メールが1通届いた。

見てみるとMからで、「ちょっと遅れる」とのこと。

まぁMの遅刻グセは毎回のことだったし、

「またか」と思いながら待つことにした。

しかし30分経っても彼は現れない。

さすがにイライラしてきたころ、

再びMからメールが来た。

「今K(友達)の家の前で話してるんだけど、来る?」と。

普段温厚な俺もさすがにキレた。

集合時間過ぎてから「ちょっと遅れる」とか言って、

さらにそれが別の友達と喋っているからっていう

理由で、さらにさらに、その後30分以上も

連絡なしで、挙句の果てには、待たせてる

俺を自分がいるところに来させるなんて、

フザけるのもいい加減にしろ!!

そして俺は、何もない空間に向かって

思いっきり蹴りを入れ、もうメール無視して

帰ろうとした。

しかし、Mに言ってやらないと気が

済まないと思い、俺はKのアパートへと向かった。

MとKは、Kのアパートの前の道で話していた。

俺が近寄っていくと、Mは慌てたように

「ちょっと聞いてくれよ!」と言ってきた。

「謝りの言葉もねーのかよ」と思いながらも

事情を聞くと、「俺のチャリが壊れた!」と。

そんときはただ「ざまぁwww」としか

思わなかったんだけど、詳しくそのときの

状況を聞いて驚いた。

MとKが喋っていると、どうやら側に

停めておいたチャリの前輪ブレーキの

ワイヤーが、何の前触れもなく切れたらしい。

チャリを何かにぶつけたわけでもなく、

倒してしまったわけでもなく、ましてや触れてさえいないのに

突然「バチン!」と音がして、ワイヤーが

切れてしまった、と。

壊れた時間をMに聞くと、「お前に最後に

メール送った直後だった」と。

ってことは、俺がキレた瞬間ってことか・・・。

偶然かもしれないが、人の強い「思い」や

「念」っていうのは、ものすごい力を

持っているのかも・・・と思わせてくれた

2つのエピソードですた。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.11|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます