【怖い話 実話 一番怖い話】サバイバルゲームの危険な話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】サバイバルゲームの危険な話 長編

俺は霊感とかない人間なんだが、

一度だけ恐かった思い出がある。

5年前の夏、たしか7月の話。

当時、俺はいい年をしてサバイバルゲームにはまってた。

IMG_1905.jpg


知らない方のために解説すると、おもちゃの空気銃を

撃ち合う陣取り合戦みたいなもんなのね。

夏場は(昼間は暑いこともあり)もっぱら夜戦が専門で、

その週末も、北関東T木県のK怒川の河原に十数人が

集合して、夜戦に興じていた。

時計を合わせた覚えがあるから、

深夜1時少し前だったと思う。

何回目かのゲームで、俺はフラッグのディフェンスになり

(相手の陣地のフラッグを取った方が勝ちになる)

フラッグの後方で藪に身を潜めて待ち伏せをかけてた。

今回俺のいたチームは優勢で、はるか彼方の敵陣

地深くからエアガンの銃声が聞こえてくる。

まわりに全く人の気配はなし。

はっきり言ってヒマなんだが、フィールドを

回りこんで奇襲をかけてくる奴もいるから

気は抜けない。

河原ということで月明かり以外に照明もなく、

あたりはマジで鼻をつままれてもわからないほど

真っ暗。

ゆっくりと首を巡らせて(キョロキョロすると頭の

動きで居場所がばれるので)あたりを警戒していると、

50mほど先の藪から人の上半身が出ているのに

気がついた。

白っぽい半袖の服を着た、肩ぐらいまでの髪の

女性っぽい人影が俺の方を見てる。

エアガンはおもちゃだけどそれなりに威力があり、

まともに顔や眼に当たれば大怪我をすることもある。

だから、ゲーム中に部外者が入ってきた

場合にはすぐにゲームをストップすることになってた。

俺はすぐに大声で「人がいまーす!中止!

中止でーす!!」と叫んだ。

前線のあたりでも「中止ー」「中止だってよ」

と叫び声がする。

俺はその人にお詫びを言おうと思い、

藪の方へ駆け出した。

女の人はじっとこっちを見てた。

「すいません」と声をかけようとしたとき、

人影はすーっと動いて、森の中に入ってしまった。

やべ、恐がらせちゃったよ、と思い、

(なにしろこちらは迷彩服で顔を黒く塗っておまけに

銃を持ってる)その人を追って森のほうへ

向かったんだが、ライトをつけて探しても見当たらない。

そのうちに他のメンバーも集まってきた。

事情を話し、みんなで声をかけながら

10分以上も探したんだが、

どうしても見つからないんだよ。

森の中もくまなく捜したのに。

俺は自分が見たものがだんだん恐くなってきてた。

なんで夜中の12時過ぎに女がこんな

所を歩いてるんだ。

第一、俺がその人を見た場所にはフィールドを

横切って来るしかない。

そんなの誰も気づかないわけがない。

だが探しても見つからないので、結局、

俺の見間違いだということになり、

ゲームは再開になった。

俺はまたディフェンス。

今回は左右から進んでくる敵が優勢で、

開始から10分後には銃声がかなり近くなっていた。

俺は地面に伏せたまま銃をしっかり構え、

いつでも撃てるように照準器ごしに人のいる

あたりを睨んでた。

そしたら、なんか視線を感じる。

気のせいではすまないくらいに視線を感じる。

首をゆっくり左に振って、眼だけで自分の左横を見る。

真っ暗闇の中、3メートルくらい先の地面に、

女の人の首が生えてた。

さっきの人だとわかった。

色白の顔に、なんか普通じゃ考えられないぐらい

口ががばーっと開いてて凄い笑い顔。

声は聞こえないけど顔をひくひくさせて笑ってた。

確かに笑ってた。

そんで俺をじっと見てた。

その首が潜望鏡みたいに地面の上をざ、

ざ、ざーって動いて俺の正面に回って

ゆっくり近づいてきたんだよ。

俺はもうパニック状態だったんだが、

なんか伏せたまま体が動かない。

ああいう時って逆に悲鳴とか出ないもんなんだね。

たぶん30秒ぐらい俺はその女と

見つめあうというかにらみ合ってたと思う。

女の顔が俺の顔から50cm位まで近づいて

きたところで、俺はやっと体を起こせたが、

足に力が入らない。

腰が抜けて立てない。

座り込んだままケツであとずさって、

今でも馬鹿なことをしたと思うけど、

その顔をエアガンで撃った。

そしたら女の顔が凄い恐い顔になって

上目遣いに俺を睨んで、すーっと消えた。

その後はゲームどころじゃなく、俺は体調が

悪いと言って休憩所のターフでライトとラジオを

つけてじっとしてた。

みんな楽しんでるのに水を差しちゃ悪いと

思ったから、俺が見たもののことは誰にも

言わなかった。

翌朝解散になって、帰り道、車に乗せてくれた

友人にだけそのことを話した。

その友人は意外なことに「・・・お前も?」

と聞いてきた。

そいつの場合は、エアガンにつけたスコープを

覗くたびに、視界いっぱいに女の顔が

見えていたらしい。

それからあのフィールドでのゲームに

はどうしても参加できなかった。

僕が体験した一番怖い話でした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.13|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます