[超怖い話 実話] 危険な車 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

[超怖い話 実話] 危険な車 長編

超怖い話 実話 長編


つい2週間程前、親戚の家へ行った帰りの事でした。

自宅から親戚の家までは40分程のところにあるのですが、その帰り道に起こりました。

少し帰りが遅くなってしまい、23時ごろだったのですが、帰り道は途中混んでました。

もう少しで自宅に着く頃に、自分達の前を走っている赤い車。

その日は日曜日だったので、だんだんと車も自宅に着く間に少なくなっていて、私達の車とその車のみでした。

あと少しで家につくところで、急に前を走っていた車が思いっきり

クラクションを鳴らして何かを避けたんです。

しかし、避けるようなものが何も見当たらないし普通の道路・・・・


IMG_1888.jpg

そのうち、前を走っていた車の動きがおかしくなってきました。

まるで酔っぱらっているかの様に、蛇行運転!!

事故でも起こされたらと思い、距離を離して走っていました。

すると、助手席に座っていた母親が

「 そこ !! 曲がって!! 早く 」

と、大声えをだしたので、慌てて右折しました。

「 大声だしてびっくりしたよ〜 なんで? 」

と、聞くと。

『 今の車の助手席に座っていた女の人・・・

        運転手の人の首を閉めてた 』


しかも、女の人は2人いたそうで、助手席に座っていた2人の女性は体が透明で

透けていたそうです。

母は霊感がもの凄く強いのです。

私には全く見えませんでしたが・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


超怖い話 ランキング ★★★★☆

関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2018.06.15|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます