FC2ブログ

【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】サンシャ○ンビルって出るの有名 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】サンシャ○ンビルって出るの有名 短編

サンシャ○ンビルって出るの有名だよね。

深夜の警備員が長続きしない、とか、

軍人が出るとか。

霊感のある取引先は絶対来たがらない。

IMG_1644.jpg


なので打ち合わせはいつも社外。

見える同僚は、階段のとこにおばさんが

立ってるっていうし・・・。

そんな怖いのになんとなくマヒしていたとき、

一人で深夜残業していたら気配を感じる。

なんの?わかんないけど、なんか、い・る。

なので、仕事していてもつい無意識にそこをみちゃう。

なにかがキャビネットのいあたりを歩いてる。けど、

見えない。

人の気が残っているのかな、って思ったけど、

やっぱ怖い。

でも、この仕事終わらせなきゃー、

って焦ってたら

「ふわり・・・」

と生暖かい風が吹いた。

で、私の髪の毛が少し動いた。

あわてて帰り支度してたらトイレに行きたくなって、

怖かったけどトイレに行った。

入った瞬間

「ばちばちばち!」

とものすごちラップ音と、ともに光が!

もうヤバイ!とトイレから走り出てエレベータに乗った。

時計は12時近く。

もう誰もいない。

と、○4階でエレベータが止まった。

「えっ?!」と思った。

扉が開くと薄暗いエレベータホールが見えた。

誰もいない・・・。

なんで止まったの~!!!!!!!???????

震える指で「閉」を押した。

1階に着くとすぐにタクシーに乗った。

「○○まで」

と言うと運転手は

「連れの方はいいんですか?」

と聞いた!

「連れ、なんていないです」

って震えながら言うと運転手はそれっきり黙った。

ただ、スピードは出してた。

あー、怖かったよ~・・・・・


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.27|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます