【怖い話 実話 都市伝説】小ネタ系寿司屋と外国人客 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 都市伝説】小ネタ系寿司屋と外国人客 短編

小ネタ系の都市伝説をご紹介しよう。

日本に初めて来た外国人。彼はほとんど日本語が

しゃべれなかったが、どうしても日本人が行く寿司屋へ

行ってみたくなり、路地にひっそりたたずむ寿司屋へ来た。

IMG_1870.jpg


見よう見まねで注文して男はすしを美味しく食べた。

男はすしを食べているとき周りのお客さんが話す

日本語を聞いて、最後は日本語でかっこ良く決めて

帰ろうと思い立った。

「マスター、いくら?」

外国人はいった。すると新鮮なイクラの軍艦が

出てきた。男は満腹だったが、あまりにもかっこわるいので、

イクラを頼んだ風にして軍艦を平らげた。

そして、今度は万国共通通じるであろう非常に

簡単な英語を発した。

「How much (ハウマッチ)?」

20秒後に「はいよ、はまっち!」といってすし職人が

はまちを出したとき、男はもう母国の土は踏めないと

思ったという。日本にまつわる

恐怖の都市伝説だ。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます