【怖い話 実話】上半身だけの女 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】上半身だけの女 短編

学生の頃ファミレスでバイトしてまして、夜の1時が過ぎ

閉店作業も終わった頃、

同僚の女の子二人からお誘いが。

「A君(俺)、この後暇?よかったら飲みに行こうよ」

IMG_2137.jpg


「ええけど、どこで飲むよ?この辺飲み屋ないで。」

「そやねぇ・・・、どっかで買ってA君の家で!」

こっこれは、もしかして・・・!そっちの・・・!?

「B君も一緒に!」あーなるほどね。

B君ね・・・。

格好いいもんね・・・。

まぁ、彼とは仲がいいけどね。

でもその日はあいにくBの野郎はお休みだったがが、

電話で呼び出せとのご命令を受けまして、

ひとまず呼び出す事に。

1時間程で着くとの返答を受け、とりあえず近くの

コンビニで買い物して帰りました。

家に着き、さっそく酒のあてを作れとの命令を

受けた俺は心に宿った殺意を冷凍イカにぶつけていると

「B君遅いねぇ、、、」部屋のTVを眺めながら二人が

つぶやいてました。

確かに時計は3時を過ぎていて、ちと不安に

かられた俺はひとまず電話してみました。

しかし誰も出ず、外の様子を伺いに出ようと

玄関に立ったとき、「ダン!ダン!ダン!ダン!」と

ドアが急に激しく鳴り出しまして。

かなりびっくりしたものの、女の子の手前悲鳴を

出すことはできず、恐る恐るドアスコープを覗いて

見ると、Bでした。

しかも、かなり青ざめた顔をして。

「どないした?」
「・・・・・・」

「・・・まぁ、とりあえず入りよし」

家に入ったBは俺の布団に丸まったまま、一言も発しません。

しかたなく女の子を家に送り届け、Bが落ち着くのを待つ事に。

「・・・追っかけられた」

「ん?」

「・・・・・・」

「何に?」

少しずつBが話出した。

Bは約束通りに家の前来てたとのこと。

そしてバイクを止め、俺の部屋に行こうとしたとき、

後ろから女の人に声をかけられた。

その女の人は自分を家まで送ってほしい、

と言ってきて気味悪く感じたBはそれを丁寧に断った。

しかし、その人はひつこく言い寄ってきて、

あげくにBの腕を掴みバイクに乗ろうとした。

「ええ加減にせいや!」とBがその手を振りほどいた

瞬間、その女の人の上半身だけが地面に落ちた。

「お・・・願い・・・、」

ゆっくりと這いずりながら、「お・・・ねが・・・」

少しずつBの足元に寄って来る。

身の危険を感じたBはバイクに飛び乗り逃げ出した。

「・・・お・・・」

頭の中に響く小さな声。

「・・・お・・・」

バックミラーに目をやると、はるか後ろに小さな黒い影。

それは少しづつ大きくなっていく。

「・・・お・・・」

向かいから対向車の灯り。

そこに映し出されたのは、さっきの女。

上半身だけで手をバタつかせながら。

スピードを上げるB。

しかし距離は縮まっていく。

「お・・・」

恐怖にかられたBは、思わず叫んだ。

「やかましいわっ!ええ加減に、」

その瞬間、耳元から、「おぼえておけ。

四日後、かならず・・・」


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.16|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます