【怖い話 実話】田嶋並のフェミファシスト 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】田嶋並のフェミファシスト 短編

小四の頃の担任のババアが田嶋並の

フェミファシストだった。

やたらと男に対して敵意を剥き出しにしていて、

それは当時10歳そこそこの俺達にも例外は無いらしく、

IMG_1462.jpg


「昔から私達女性は、あんた達のオヤジやジジイ等の

男達に虐げられてきた!同じ悲劇を繰り返さない様、

今のうちからあんた達を『新しい時代に相応しい男』

に改造する!!」と新学年になった初っ端からのたまった。

恐怖政治の始まりである。

先ずババアは、思想面の「改造」に着手。

男子全員に自己批判をさせたり、身近な

男性(父親等)に対する批判を作文に書かせたりした。

そして、学校の係等は家事の基本的作業であるとし、

『新しい時代に相応しい男』は家事も

こなせねば失格であると。

諸々の係は全て男子のみで振り分ける事になった。

当然男子のみで全部の係をカバー出来る筈も無く、

一人で2、3個の係を掛け持ちする事になった。

給食の運搬・配膳も、当然全員男子で、食事中も

ババア曰く「ユーモアがあって、食事中も笑いを

絶やさない様にしないと是からの時代、女の子に

相手にされませんよ」と言う事で毎日日替わりで、

出席番号順に一人ずつ、お昼の放送が始まるまで

何か芸を披露せねばならなかった。

また、給食時や昼休みの机の移動も全て男子の仕事だった。

ある日これに対して学級委員の女子が帰りの会の時間に、

「男子ばかりに押し付けるのは非合理的。女子と

分担すべき」と述べた。

ババア激怒、その女子に向かい「裏切り者!

お前は男権的差別主義者だ!お前は腐っている!

お前みたいな危険思想をもった人間は再改造の

必要がある!」と言って別室へと連れて行った。

後に聞いた話では、あの後彼女は図書室で、

ババアとその取り巻きの女子数人に延々と

自己批判を強要されたそうだ。

その後も体制批判した者は皆同じ目にあった。

その後、俺達が五年生の終わりになる頃に、

そのババアは周りの

教師連中と諍いを起こして辞めてった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます