【怖い話 実話】負けた二人は罰ゲーム 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】負けた二人は罰ゲーム 長編

友達三人とボーリングをしてたんだが、

ただの勝負だと面白くないという事で

二人ずつに別れて負けた二人は

罰ゲームというゲームをした。

IMG_2070.jpg


罰ゲームは試合後に勝った奴らが、法的に

問題がないものに決める事で同意。

ゲーム開始、練習の成果もなく・・・見事、

俺と組んだAは罰ゲームをする事になった。

勝者二人から罰ゲームの内容が言い渡された。

至って簡単、補導覚悟で交番の前で

ラジオ体操してこいとの事だ。

仕方なくやる事にしたさ、

補導される気満々でね。

俺とAは交番の前に着き、

他の二人は交番から少し離れた所で観察している。

交番の中にはリーマン風の中年男性が一人座っている。

警察官はいなく、ラッキーと

思いながらAに「早く始めるぞ」と言った。

俺とAはラジオ体操を始めた。

リーマン風中年男性は俺らを見て爆笑している。

見た所、どうやら酔っ払いのようだった。

顔を真っ赤にしながらやけにご機嫌な感じ。

リーマン風中年男性は次第に俺らと

一緒にラジオ体操を踊り始めた。

俺らも爆笑しながらラジオ体操を続けていた。

妙な光景だっただろう。

一周を終えたから、辞めて他の二人の元へ

行こうとすると交番の中にいたリーマン

風中年男性が、交番から出てきた。

何事かと思い俺とAは足がとまった。

リーマン風中年男性が俺らを涙目で睨んでいる。

「何でや、何でやめんねん」

関西弁でリーマン風中年男性は叫んだ。

タチの悪い酔っ払いだと思い俺はAと共に

逃げるように走った。

他の二人の元に着き、

「変なオッサンがいる、逃げるぞ」と言った。

「オッサン?どこにいんの?」

俺達は首を傾げながら交番の方を見た。

リーマン風中年男性は仁王立ちしながら

俺達を見ている。

「いや、いるじゃん!交番の前に立ってるあのオッサンだって!」

二人は交番を見るが何も見えない感じで

「はぁ~?」

「意味わかんねぇ」

「そうゆうのいいから」

的な事を言ってきた。

俺とAはお互いに「え?だって・・

いるよな?」と確かめ合った。

すると交番の前からオッサンが「チャオ」と

俺達に向かい叫び、交番の中に戻っていった。

「ほら、いるじゃんwwwww」

Aは笑いながら二人に言った。

俺も面白いオッサンだなーと思い笑ってた。

けど二人は何も聞こえず、見えないようで

不可思議な顔をしていた。

仕方なく四人で交番の前まで確認に行く事になった。

しかし交番には誰もいない。

おかしい、確かにリーマン風中年男性は交番に戻っていった。

二人は「おいおいおい、

幽霊でも見たんじゃねーの?」とか

言ってきて俺達も流石に不気味に感じ

お開きにする事になった。

後から聞いた話だと、その交番に

勤務してた警官が殉職したという話を

聞いて、マジビビった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.25|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます