【怖い話 実話 最も怖い話】前から同じ病室 最強にやばい話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】前から同じ病室 最強にやばい話 短編

昔小学校に進学して、

体壊して入院してた頃一度クリアしたSaGa2で

仲間の名前を変えて遊ぼうと思ったんだ。

ひまだったし。

IMG_1704.jpg


そしたら、前から同じ病室だったおにゃのこが

漏れのGBじっと見てたから

「これやる?」

って言ったら嬉しそうに

「いいの?」

とやり始めたんだ。

最初は操作が分らないみたいだから、

十字キーやボタンの使い方を教えてあげながら遊んでた。

そのうちゲームだけじゃなくて、

友達とか学校の話をするようになって、

仲良くなっていった。

漏れは病状が軽かったから、

あっという間に退院になったんだけど、

その子が寂しそうにしてたから

「これ貸してやるよ」

ってGBとSaGa2のソフト置いてったんだ。

しばらくして、その子のお見舞いにいったんだけど、

ナースセンターでその子のこと聞いたら

看護婦さんが押し黙っちゃって・・。

それ見て漏れも、なんとなく気づいたんだ。

胸が詰まるような気がして、立ち尽くしてたら、

別の看護婦さんが

「その子が(漏れに)渡してくれって

言ってたものがあるのよ」

と貸してたGBとソフト返してくれたんだ。

・・電源入れたら名前の欄が

「かんこふ」

「さんにこ」

「ろされる」

「たすけて」

になってた。

気味悪かったんで

速攻セーブデータ消したけど。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.02.28|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(1)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

No title

これって例のSAGA2の感動話のラストだけを変えたパクりじゃないですかー><;

2017-03-01 08:26 from -

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます