FC2ブログ

【怖い話 実話 じわ怖】あの恐怖は忘れられません じわじわ来る激怖話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】あの恐怖は忘れられません じわじわ来る激怖話 長編

中学生当時、文化祭の最後に

全校合唱があって(今もあるとは思うが)、

俺が指揮者をやることになった。

そのときの話。

IMG_1240.jpg


文化祭の季節はうちの中学では秋、とはいっても10月下旬。

おまけに本州でも北の地方だったから、

北風も強くほぼ冬の入り口のような気温だった。

だけど、クラスのや各文化部が自分たちの

展示のための作品作りをしたり、

ダンス・バンド・演劇など、出し物の練習をしたりする生徒で、

どことなく空気も活気づいていた。 校内には

連日遅くまで教職員と生徒が残っていた。

2日ある文化祭のうち1日目が終わった後、

俺と伴奏者の子と先生が音楽室に残った。

そして、どういう演奏にするかの話し合いや、

練習をやっていたりしたら、

いつの間にか夜の10時くらいになってしまった。

先生は8時くらいに職員室で仕事をするというので、

先に3階の音楽室から出て行った。

さすがに文化祭と言えども、

「こんな時間に校内にいてはだめだ、

明日の朝もう一度最後の打ち合わせをしよう」

ということになって、解散することにした。

先生に怒られないように、

ピアノの蓋を閉めて鍵をかけて、

カーテンも元のようにしっかりまとめて、

楽譜を管理している棚も閉めて、

色々な楽器の置いてある準備室の扉の鍵をかけた。

鍵束は俺が持っていた。

部屋には俺とその子しかいなかったので、

さっさと電気を消して、

ひっそりと静まり返ったもう誰も居ない校舎へと出た。

『非常口』の緑のランプが点々と点る廊下は、

十分それだけで怖かったが、

結構離れた階段へは、足元に気を

つけながらゆっくり歩いていった。

当時片思いだったその子と一緒に

歩きたかったというのもあったがw

数歩ほど歩を進めたときだったか、

耳をつんざくような「ジャーン!!!」

というピアノの不協和音が廊下に鳴り響いた。

何人かで全部の音を一気に鳴らした感じの、

すさまじくでかい音がした。

2人で反射的に振り返って呆然とした後、

慌てて荷物も放り出し、音楽室のドアを開けた。

怖かったが、先生に怒られるほうがもっと

怖かったからだ。

(ほんとに怖い先生だった…実は今でも怖いw)

ドアを開けて唖然とした。

消したはずの電気がつき、

鍵をかけたはずの窓は全て開き、

畳んだはずのカーテンも、

窓から入る風にばたばたとあおられ、

なによりも、鍵までかけたはずのピアノの

鍵盤の蓋が開いていた。

布のピアノカバーも椅子に

畳まれた状態で置かれていて、

明らかに風のがカバーを吹き飛ばした様子ではない。

2人でぼんやりその光景を見ていたのだが、

顔を見合わせて、「先生に怒られる!!」

って叫びつつ慌てて元に戻して、

また静まり返った廊下に出た。

鍵を返しに職員室まで恐怖心からか

自然と手をつないだまま行って、

音楽の先生に鍵を渡した。

小走りになりながら職員室を出て、

校門でその子と別れた。

次の日、こんなことがあったと、

担任の先生に冗談交じりで言った。

そしたら、

「音楽室裏のひょろ長いナナカマド木、あるでしょ。

あれね、昔首吊り自殺があったんだってよ。

先生も赴任する前の話だから知らないし、

もうその頃板先生たちは退任しちゃったから、

誰も詳しいことわかんないんだけどね」

って返ってきた・・・

なんか関係あるのかな。

10年経った今でも、

あの恐怖は忘れられません。

ちなみに、そのピアニストの子とは、

それ以来何の発展も無いまま卒業を迎えましたw

吊り橋効果もなにもあったもんじゃねえw


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.04|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます