【怖い話 実話 不気味な話】病院で仕事 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】病院で仕事 短編

彼は病院で仕事してるんすけど夜夜勤で働いてたら、

ドアがトントンとノックされたとのこと。「はい?」

でも返事がない。自分以外にもまだ誰か残ってるのかな

なんて思いながら無視してるとまたトントン。

IMG_2076.jpg


「誰ですか?」

また返事がない。

おいおいなんかの冗談かよ・・・。

やめてくれよ・・。

ってな時またトントン。

恐くなって彼は扉までダッシュしてドアを開けました。

誰もいない。

ぞーーーっとなって彼は元の場所に戻ると

帰り仕度を始めた。

するとまたトントン。

「....」

するとまたノック。

彼はめっちゃ恐くなったんだけど

どーしようもないので「すいません・・・。

誰かそこにいるんですか?」

返事なし。

「本当にいたらもう一回、ノックしてくれますか?」

トントン

「生きてる人ですか?もしそうだったら

ノック2回してください...じゃなかったら、1回してください」

トン・・・。

ぎゃーやめてくれーー!とはいってもここで

もうやめるわけにもいかず「この病院で死んだ

人ですか?もしそうならノック2回お願いします。

違うなら1回お願いします」

トントン・・・。

「男の人ですか?なら2回してください。

女の人ですか?だったら1回おねがいします」

.....

「あれ?返事がない・・・。もうかえりてぇええ」

「あなたはそこに一人ですか?だったら

1回ノックしてください。二人でしたら2回ノックしてください」

すると

ドカドカドカドカドカドカドカ!!!!!!!!!

彼は気を失って朝、同僚に発見されたらしいっす。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.15|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます