【怖い話 実話 不気味な話】兄貴がボコボコ 世にも奇妙な話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】兄貴がボコボコ 世にも奇妙な話 短編

俺の三つ上の兄貴は気合の入った硬派で知られていた。市内の

工業高校では柔道部の主将を務め、学校でも一目置かれる

存在だった。そんなある日、夜十時くらいに病院から

電話があった。兄貴がボコボコにされて病院に担ぎ込まれたらしい。

IMG_2353.jpg


両親と俺は病院に駆けつけた。

兄貴は全身打撲でうんうん唸っていた。

医者は傷害事件かもしれないから、

警察に連絡した方がいいと言ったが、

兄貴は朦朧としながらも拒否したそうだ。

親も翌年に大学の推薦が決まっていたのでそれは止めた。

兄貴は一週間ほど入院して、自宅に戻ってきた。

なぜ怪我したのか、誰にやられたのか、

兄貴は一切話そうとしなかった。

それから数年たち、俺は兄貴の住む

東京へ遊びに行った。

夜、六畳一間の部屋で布団を並べて寝ながら、

俺と兄貴は話をした。

思い出話から、あの夜の出来事に及んで

兄貴は初めて口を開いた。

それは信じられない話だった。

兄貴は部活をサボって、体育館の放送室で

寝ていたそうだ。

すっかり寝入ってしまい、

目が覚めたのは夜だったという。

当たりは真っ暗で、体育館の照明も

ブレーカーが切ってあった。

それでも手探りでなんとか螺旋階段を

下り、ステージの方に出た。

体育館の出入り口には誘導灯があり、

そこを目指して歩いていると何かの

気配を感じたらしい。

しかし周囲を見回しても、

暗闇で何も見えない。

兄貴は大声で誰かいるのかと話し掛けたという。

すると、背後から

バスケットボールが飛んできたそうだ。

俺ならそこで怖くなって逃げると思う。

兄貴は違った。

ボールが飛んできた方に向かって、

この野郎とか喚きながら突進した。

そこから先は無我夢中であまり覚えていないそうだ。

感覚としては、相手は一人じゃなかったらしい。

四方八方から、1個のボールが兄貴に

向かって投げつけられた。

逃げようとすると顔面にボールが

ぶつけられ、しゃがみ込むとまた飛んでくる。

ほとんどリンチだった。

どうにかドアの方まで辿り着くと、

背後で笑い声がしたそうだ。

そして拍手も。

兄貴は当時のことを思い出したらしく、

話し声が震えているようだった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.12|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます