【怖い話 実話 一番怖い話】彼ではない彼 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 一番怖い話】彼ではない彼 短編

私には一緒に暮らしている彼が居るのですが、最近、仕事が

終わるのも遅くその足で飲みに行くこともよくあり、先に家に

居る彼はダイニングでPCを見ていたり、漫画を読んだり

して起きていることが多いのです。

IMG_1604.jpg


でもその日は、会社の人と飲みに行き

帰宅したのは午前5時頃。

あらかじめ遅くなることは伝えてあったし、

流石にその時間は寝ているだろうと思い家に着く。

彼の部屋を覗くと、案の定寝ている。

「ちょっと平日からはしゃぎ過ぎたなぁ・・・」と

反省しつつ、シャワーを浴びてすぐに床に着こうと水を

飲みながら眠る彼を見ていました。

2部屋あるので、はじめは彼の部屋で一緒に

眠ろうと思っていたのですが、あまりに疲れていた私は、

自分の部屋で手足を伸ばして気兼ねなく眠ろうと思い直し、

自分の部屋に行って倒れるように眠りに落ちました。

そして寝付いてから、1時間程経つ頃です。

「ピンポーン。ピンポーン」

チャイムが鳴るのです。

時計を見ると6:30です。

「え?こんな時間に???誰??」と不思議に

思いつつも、インターホンに出る。

「はい?」

「あ。僕だけど、ドア開けてくれない??」

「え?」

自体がうまく飲み込めず、

隣で寝ていたはずの彼を見に行く。

いない・・・。

「コンビニにタバコでも買いに行ったのかな?」

と思いドアを開ける。

帰ってきた彼は少し不機嫌そうにしているので

「いつ出かけて行ったの??全然気がつかなかったよ」

と言うと「君の帰りがあんまり遅いし、

電話しても出ないから頭にきて眠れないから

漫画喫茶に行ってたよ」と言うのです。

「何時くらいから行ってたの?」

「多分2時頃だったかな?」

「??え?でもさっき自分の部屋で寝てたよね??」

「いや。出てからずっと漫画喫茶に居たよ。

で、今帰ってきたんだけど?」

「さっき寝てるの見たよ?」

二人沈黙。

・・・。

「・・・じゃぁ、まだ会社行くまで時間あるし、寝直すね・・・」

「そうだね・・・」

またお互い別の部屋に行き眠りました。

そして目が覚めてから考えてみてもやはり不思議でした・・・。

あの時、一緒に寝ようと思っていたのに、

自分の部屋で寝ようと思い直したのは

どうしてだったんだろう??と。

本当に同じ部屋に行かなくて良かった。

彼ではない彼があの部屋で寝ていた、

その横で添い寝をしていたら???

そう考えるとゾッとします。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.15|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます