【怖い話 実話 最も怖い話】身近にいたやつを刺すつもりだったらしい 最強にやばい話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】身近にいたやつを刺すつもりだったらしい 最強にやばい話 短編

中学生の時、課外授業でキャンプを

した事があったんだけど、

そこでいつも温和で優等生な委員長の

A君と一緒のグループになった。

IMG_1707.jpg


彼はとても人当たりがよく、俺達のグループは

和気あいあいとキャンプを楽しんでいた。

夕食の準備の途中に俺は、

A君が班を抜けてどこかに行くのを見かけた。

トイレかな、と思っていたが

それからしばらく帰ってこなかった。

その後、ロッジに戻った俺達は昼間の疲れも手伝って

さっさと寝る準備をすることにした。

そしてそのうちの一人が寝袋にシーツを詰め込む途中、

何かで手を切ったと言い出した。

傷はけっこう深く、シーツが赤く血で染まっていた。

寝袋をまさぐると、中からナイフが一本出てきた。

A君達がその怪我人を先生達の元につれていってる間

俺を含めた三人がロッジに居残っていた。

なんでこんなところにナイフがあったんだろう、

という話になって

俺は夕食の準備中にA君が途中でいなくなった

事を思い出して

それを友だち達に喋った。

みんな口々にそれはヤバい、

先生に言った方がいいんじゃないかと言ってると、

丁度俺のほうから見える窓から

A君が凄い形相で俺の事を睨みながら

見ているのが見えた。

俺は驚きの余り、声もでなくて、

そんな様子を見た友達たちも

A君の存在に気付き、慌てて出口を塞いだ。

(鍵なんてなかったからみんなで押した)

委員長は普段からは想像もつかない

雰囲気で扉をたたき

「あけろーっでてこい!てめーら殺す」

とわめいていた。

俺らは殺されると思って必死でドアを押さえた。

しばらくたって、見回りの先生がやってきて

委員長を取り押さえた。

それからA君は学校に来る事はなかった。

そしてしばらくたってある噂が耳に入った

A君は自らナイフを持っていき、

とりあえず誰でもいいから身近にいたやつを

刺すつもりだったらしい。

窓から覗くA君と、

もしかしたら刺されていたかもしれないと

思うと今もまだ恐ろしい。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.11|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます