【怖い話 実話】チンギス・ハンの正体 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】チンギス・ハンの正体 短編

源義経とは兄頼朝が平氏打倒の兵を挙げると

それに馳せ参じ、合戦を経て平氏を滅ぼし、

その最大の功労者となったが、頼朝と対立して

非業の死を遂げた英雄義経。(牛若丸)

IMG_3467.jpg


チンギスカン(チンギス・ハン)大小様々な集団に

分かれてお互いに抗争していたモンゴルの

遊牧民諸部族を一代で統一し、中国北部・

中央アジア・イラン・東ヨーロッパなどを次々に

征服して、最終的には当時の世界人口の

半数以上を支配するに致る人類史上最大規模の

世界帝国、モンゴル帝国初代皇帝。

モンゴル帝国の初代皇帝・チンギスカンの正体が、

実は生きて海を渡り異国で活躍を続けたのが

源義経だったのではないかという。

これは江戸時代に義経記という本から広まった

都市伝説であり、歴史の本に出てくるような

徳川光圀(水戸黄門)や新井白石、

林羅山までが源義経が北海道へ生き延びたと

説を提唱し、そしてその後モンゴルに

渡りチンギスカンになったと言われている。

それには理由がある。

国名の元=源。

モンゴルでは小型の弓矢が一般的に

使用されていたが、チンギスカンは

日本でしか使われていない長弓を使用していた。

義経が死んだとされるのが30歳、

チンギスカンが表舞台に出てきたのが

30代半ばでチンギスカンの前半生には

あまりわかっていない。

当初チンギスハンはモンゴル語を

話せなかったという。

チンギスカンの別名は「クロー」、

これは義経の別名「九郎」また、

軍職の名は「タイショー」義経も「大将」を

使っていた。

チンギスカンと源義経の戦術が

奇襲を得意として非常に似ていた。

またこれとは別に義経には数多くの

都市伝説が存在する。

武蔵坊弁慶が千本の太刀を

奪おうとして999本まで集めあと一本の

ところで義経(牛若丸)と出会い身軽な

義経にかなわず、返り討ちに遭い、

弁慶は降参してそれ以来義経の家来となった。

鞍馬山で大天狗から修行を受けて兵法を授かった。

「判官びいき」(判官とは官職で義経のこと)

といわれ昔の人は義経をやたら英雄扱いし、

チンギスカンになり兄を恨んで日本に攻めて

来た伝説を作り、女に化けてもばれなかったり、

絶世の美少年だとも言われているが、

実際は身長150cm当時でも小柄で

色白の出っ歯のブ男だったらしい。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.15|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(1)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

訪問ありがとう

はじめまして。私のblogに訪問ありがとうございました。
私も怖い経験ありますよ。
部屋に寝そべってたら、耳元からフーッと息がかかり、5センチくらいの長い髪の毛が1本落ちてきて、振り向くと、誰もいない。

江ノ島の東浜の沖合いで、泳いでたら、急に足が捕まれて、まるで押し潰されたみたいに痛くなり、外見は傷も、生き物がからみつく様子もない。
岸について、見たら何も跡がない。

上からひもをつるして、それに右手をかけて、右手をぶらさげてペンを持ったら、紙に、最初に丸を描き、そのあと、誰かの名前を書きはじめた。
友達にこれをやってみさせたら、いつもは明るくふるまってた男で、野球部なのに、手が勝手に字を書き始めたので、うわあああって言って、逃げて行った。

これは、実話です。

ちなみに、そのとき書いた名前は、女性の名前でした。

2017-03-16 00:52 from 玉本あきる | Edit

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます