【怖い話 実話 意味怖】魔法陣 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】魔法陣 意味が分かると怖い話 短編

別にかっこいいわけでも、

勉強やスポーツができるわけでもなく

初めて会ったときは、なんとも思わなかったんですが、

何度か会ううちに、好きになっていきました。

IMG_2466.jpg


毎日彼のことを想っているのに

奥手な私はアプローチも出来ずに

恥ずかしくて彼を避けてしまう始末。

ある日「両想いになるおまじない」をネットで探して、

藁にもすがる勢いで実行してみました。

好きな人の名前を魔法陣の真ん中に書いて、

その紙を持ち歩くという、簡単なものなんだけど

そうしたら、なんと、驚くことに

しばらくして彼と付き合うことになりました!

あのおまじないは本当に効くんだ。

彼は私を大好きになってくれています。

彼には悪いけど、

その気持ちに全力で応えていくから、いいよね?

この前、彼のお財布に、

私の名前が書いてある

魔法陣の紙が隠してあったの。

可愛くて笑っちゃったけど、

なんて似たもの同士なんだろうって、

あと、そこまで想ってくれてるんだって、嬉しかった。

いまはとても幸せです。





【解説】





『初めて会ったときは、なんとも思わなかったんですが、

何度か会ううちに、好きになっていきました。』

好きになった理由が特に書かれていない。

なぜ好きになったのだろうか?

『この前、彼のお財布に、

私の名前が書いてある魔法陣の紙が隠してあったの。』

つまり、彼の方が先に『両想いになるおまじない』を試していて、

その効果で語り手は彼のことを好きになってしまった。

とはいえ、今が幸せなのであれば、

素晴らしいことだと思いますけどね!!


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.18|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます