【怖い話 実話 意味怖】なんだか、スパムくさい 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】なんだか、スパムくさい 意味が分かると怖い話 短編

うちのアパート、隣は男の一人暮らしのはずなんだけど、

ふと耳をすますと、ときどき女の子の声が聞こえてくるんだよ。

最初は恋人でも来てるのかと思ったけど、そんな感じでもない。

なんか、泣き声混じりに、お経みたいにずっとブツブツ言ってるの。

IMG_1938.jpg


つ、通報したほうがいいかな?

友達もいない。もちろん、恋人もいない。

そんな寂しいおれの部屋に、

巨乳で牛耳コスの美少女が訪ねてきた。

牛娘「どーもー、クダンちゃんでーす。

ただ今、クダンちゃん

ラッキーキャンペーンってのをやってまして、

あなたが見事に当選されました!」

なんだか、スパムくさいが、それは置いておいて。

おれ「で、なに。当選すると、なにか貰えるの?」

牛娘「なんでも、ひとつだけ、予言したげますよお。

明日の株価だろうが、今週末の競馬の結果だろうが、

お望みのままです。やったね、これで大金持ちだね!」

金か。金なんて欲しくない。

おれ「それより、友達が欲しいとか、

恋人が欲しいとか、

そういう願いは叶えてくれないのか?」

牛娘「いやあ、そういうのは、ちょっと

クダンちゃんの能力じゃないです」

おれ「ちっ。使えねーやつだな。

まあ、いいよ。じゃあ、円周率でも予言してくれ」





【解説】





前半と後半で語り手が変わっている。

『友達もいない。もちろん、恋人もいない。』

から牛娘のクダンちゃんが来た後半の語り手。

前半の語り手(クダンちゃんが来た隣の住人)が言っている

『泣き声混じりに、お経みたいにずっとブツブツ言ってるの』

というのは、クダンちゃんが延々と円周率を言っている様子。

そりゃ終わることのない円周率を

延々ということになったら、

泣き入る…というかもう絶望ですわな・・・。

しかし、それが終わるまで(終わらないけど)

帰れないのであれば、

後半の語り手も迷惑だろうに・・・。

「もう結構!」

とか言えば帰ってくれるのかな?

それにしても、牛娘のクダンちゃん・・・

不憫すぎてこちらが悲しくなってしまう・・・。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます