【怖い話 実話 洒落怖】鳥取にある峠 洒落怖にならない怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 洒落怖】鳥取にある峠 洒落怖にならない怖い話 短編

鳥取にある峠には

いつ設置されたかもわからないほど

古いカーブミラーがある。

今でこそ道路は見通しよく改装されたが、

IMG_1371.jpg


昔は見通しの悪い曲がり道だったらしく

よく事故が起きていたようだ。

ところが最近になっても事故が減らないので

県の職員であった私のおじが調べに向うことになった。

調査に行く日、

予定では午後4時ころに向かうつもりだったが、

他の仕事が溜まっていて

結局現場に着いたのは午後9時頃だった。

おじはひとまずその道を車で走ってみた。

見通しの良いカーブを曲がるのに

カーブミラーを見る必要はないと思ったが、

そのときはふとミラーを見てしまったのだという。

するとミラーにはぼんやりと女性の顔が見えたという。

おじは少し怖くなって意味も無く目をバックミラーにやった。

ミラーの中には、今度はくっきりと、

頭皮のはがれた女性の顔が映っていた。

しかもその目はギョロリとむかれた目で、

おじの目を完全にとらえていた。

おじは震え上がり、とっさに目を閉じた。

運転中に目を閉じる行為の方が、

その女性を見続けるより安全だと悟ったという。

しかし、開いた目の前には、その女性がおじに

かぶさるような体勢でまだおじの

目を見続けていたという。

「おおぉぉ」

という嗚咽を漏らしながら。

おじはそこからの事を覚えてないようだが、

なんとか無事に帰ってきた。

だが、この話を私に話した数日後、

突然行方不明となり行方を捜す手がかりは今もない。

ただ、あのカーブミラーの近くで

おじの履いていた靴が

見つかったことを除いては。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます