FC2ブログ

【怖い話 実話 最も怖い話】体験談「とばっちり」 最強にやばい話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】体験談「とばっちり」 最強にやばい話 短編

元彼Yの体験談「とばっちり」

病院に肝試しにいった時。

5人でいったんだけど神社の体験から

霊感は必要だということで

IMG_0820.jpg


嫌がるAを無理矢理連れていった。

どきどきしながら懐中電灯を持ってドアを開ける。

中は荒れていた。

廊下に散乱している書類とか色々なもの

ドアを開けたりトイレ覗いたりしていつものように

やべー!とかこえー!とか言ってた。

調子に乗って二階行こうぜと誰かが言うとAが

「いや、待て。おっさんがなんか言ってる」

など言い出す。

虚ろな目で階段を見上げるA。

やばいのか?と思いつつAの様子を伺っていると

「はい、はい、わかりました。」

なんて小声で言ってやがる。

おれたちには何も見えない。

Aに、

「おいだいじょうぶか?」

と聞くと

「この上は入るとやばいらしい。

連れて行こうとするやつがうようよいるんだってさ。

話し通じないって。上行かなければ大丈夫らしいぞ」

とのこと。

しかしうさんくさい。

なので、全員一致で帰ることにした。

Aがずっと何かと話している。

でもかなり普通な世間話しのようで、

「あ、はい、ばあちゃんは元気です」

なんて声が聞こえてくる。

Aも別に青ざめたりとかしてなかったから、

ほっといて車に向かった。

車に乗り込む前、

後ろの方を歩いていたAが叫んだ。

「無理!いや、帰りますから!!」

全員振り向く。

Aが必死で何か言ってる。

すると突然Aが一人で暴れ始めた。

かなり苦しそうだ。

全員で走りよってAをとりおさえ、

激しく暴れるAを4人がかりで抱え上げて

車にほりこみ車を発進させた。

Aはしばらくうめきながら

「ポケットから数珠をとってくれ」

と言った。

連れがAのジーンズから

数珠をとりAに握らせると、

Aがまたぶつぶつお経らしきものを

唱えはじめた。

するとAの額から段々汗が消え、

Aの意識もどうやら消えた。

しばらくして我に帰ったAから昼間に聞いた話し。

「二階のやつらさ、

まともに話しできなくて寂しいらしいんだよ。

そいで、ちゃんとした

会話するの久し振りだったから

俺に残ってくれって…話し相手に

なって欲しいって言われてさ…

体乗っ取られるかと思った…」

車の中でもAの中で格闘は続いていたらしい。



関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.26|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます