【怖い話 実話 心霊・怪談】公園のトイレ 信じられない話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 心霊・怪談】公園のトイレ 信じられない話 短編

深夜二時ごろ、家に帰る途中で腹が痛くなって、

ある公園のトイレで大便をしたんだ。

その公園は昔ホームレスが自殺したって話で、

普段は深夜に絶対近づかないんだけど、

IMG_1378.jpg


その日は背に腹は代えられず仕方なく入った。

薄暗くて不気味で、汚れた壁は落書きだらけ、

そんな男子トイレでなんか、寒気がするなーと

ビビりながら無心で用を足したんだ。

出した後で紙がない事に気付いた・・・。

仕方なく、女子トイレからトイレットペーパーを

拝借する事にして、一旦ズボンを上げて外に出た。

女子トイレって外からは見えないように

作られているから、入口から中は

全く見えないんだよね。

中に人がいたら変態になっちゃうから、

入口にむけて「すいませ~ん、すいませ~ん」って

何度か呼びかけて、返事がないのを確認した後、

おそるおそる女子トイレを覗きこんだんだ。

すぐに違和感を感じた。

人の呼吸というか、気配があるんだよね。

それにじっと見られてる感じがする。

視線を辿ると、奥に個室が2つ見えた。

右は空いてるんだけど、左は閉まってる。

だけど、鍵はかかってないんだ。

lockのマークになってないのね。

あれ?って首を傾げた。

明らかに人が入ってるよな、て・・・。

中でドアが開かないように押さえているんだ、と。

だけどなんで?返事をしないのはおかしい。

それに、物音一つたてずに静まりかえってるのが

やけに不気味で、中に入るのを躊躇したんだよね。

ちょっと考えて、もしかして、中にいた女の人は用を

足す途中で、返事するのが

恥ずかしかったのかもって思った。

今も音とか聞かれたくなくて、

じっとしてるのかもってね。

だから、トイレの傍にあるベンチで

座って少し待つ事にしたんだ。

だけど5分くらい待っても誰もでてこない。

お尻のうんこも時間が経って気持ち悪い。

決心してまた女子トイレに声をかけたんだ

「すいませ~ん、紙借りても良いですか?」

返事は無かった。

おそるおそる再び中を覗いて、びっくりした。

今度は、右のドアが開いて、

左のドアが閉まってる。

中の人が移動してるんだよね。

そして、開いてる個室には、見えるように

トイレットペーパーが8束くらいつまれてるんだ。

それを見て血がひいて、ゾクッとした・・・

その個室に誘い込もうとしてるんだって。

おそらく男子トイレの分のトイレペーパーも

全部そこに集めて、取りにくるのを

待ち構えてるんだって。

それに気付いた恐怖で、

つい呆然と立ち尽くしてた。

そしてたら、閉まってる個室の中から、

低い、じじいみたいな声が聞こえたんだ。

「紙、あるよ」って。

そしてゆっくりと、閉まってたドアがギィ~って

開くのを見た途端、ダッシュで逃げた。

隙間からちらりと見えた釣り上がった恐ろしい目が、

今も頭から消えない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます