【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】終電間近の地下鉄の駅 びびる話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】終電間近の地下鉄の駅 びびる話 短編

終電間近の地下鉄の駅でのこと。

大学生のAさんは飲み会の帰りで、

ほろ酔い加減で電車を待っていた。

あたりには人影はまばらだ。

IMG_2061.jpg


と、そのときに目の前にいたサラリーマン風の

50代くらいの男性がいきなりホームに落ちた。

あがってこようとしているようなのだが、

彼もまた酔っているのかなかなかあがれない。

心配したAさんがのぞきこんだところ、

そのサラリーマンと一瞬目が合った。

なにか釈然としないものを感じながら、

Aさんは手をさしのべて彼を引き上げようとした。

サラリーマンは上目遣いで照れくさいのか

ニヤニヤしながらAさんの手をつかんだ。

そのときに電車の到着を告げるアナウンスの声が。

慌てたAさんはひきあげようとするが、

まるでふざけているかのようにサラリーマンは

あがってこようとしない。

このままだとAさんまでもが巻き込まれてしまう。

身の危険を感じたAさんは思わず手を

振りほどこうとしたのだが、手は一層

強くつかまれてしまし、

むこうは離してくれようともしない。

そのときAさんは気がついたのだ。

こいつはオレを道連れに死のうとしているのか?

その時。「危ない!」という声とともに誰かに

肩をつかまれて、ホームの上に引き戻された。

ほぼ同時にホームに電車が入ってきて、

Aさんは難を逃れることができた。

「危ないところでした。もう少しで落ちるところでしたよ、

酔っ払っていたんですか?」

Aさんを助けてくれたのは一人の駅員だった。

まだ驚きで口の利けないAさんにむかって、

駅員は更に続けた。

「ここ、柱の影になっていて危ないんですよね・・・

先月も今くらいの時間に、50歳くらいの

サラリーマンが酔って

転落しちゃったんですけれども、

誰も気がつかなくってそのまま・・・」

やがて電車が止まり、ドアが開いた。

最終電車だった。

Aさんはそれに乗り込んだが体の振るえが

まだとまらなかった。

窓からぼんやり眺めていると、いつのまにか

先ほどのサラリーマンがホームに立っており

憎憎しそうにこちらを睨んでいる姿が

小さくなっていくのが見えた。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.19|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます