【怖い話 実話 不気味な話】鍵っ子 世にも奇妙な話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 不気味な話】鍵っ子 世にも奇妙な話 短編

自分が小学生の頃の話。母子家庭で、歳の

離れた兄弟はバイトで帰宅も遅く、私は鍵っ子だった。

学校から帰ると、茶の間には「おかえりなさい。

今日のおやつです」のメモ書き。

IMG_1507.jpg


だけど、肝心のおやつが見当たらない。

冷蔵庫とか戸棚とか色々探したけど無かった。

「もう、お母さんサイテー!」と思い、当時大流行の

ローラースケートを手に取り、友達の

待つ公園に行った。

暗くなってきて、友達の親が呼びに来る中、

私は誰も呼びに来てくれる人がいない事も

わかってたし、一人で遊んでもつまらないので

帰る事にした。

帰宅すると、姉が鬼のような顔で私の頬を

まずひっぱたいた。

「??????」と思っていると、姉は

「食べ物を粗末にするな!」とわめく。

台所の壁一面に、握りつぶされたのち、

壁に投げつけられたドーナツと思われる物が

散乱していた。

「お母さんがせっかく買ってきてくれたのに

!馬鹿者!!」と相変わらず姉は怒鳴るが、

私は「?????」のまま、動けない。

しばらく私には「おやつ抜き」の罰が与えられた。

それから数日、同じような事が起きた。

おやつ抜きの私は帰宅してランドセルを部屋に

置いて、そそくさと遊びに行く。

帰宅すると、また茶の間やいたる所に

おやつが散らばっている。

そして姉は怒る。

おやつを万引きしたんじゃないかと疑われもした。

「お腹空いてて、大好きなコアラのマーチをそんな

事しないよ!」と相変わらず頭が「?????」の

私も反論した。

その次の日も、ポテチがばらまかれているのを

見つけた姉は「妹(私)の頭がおかしくなった」

って思ったらしい。

だけど、しばらくして、私の疑いが一気に晴れる。

その日、姉は風邪を引いて学校とバイトを休んだ。

私はいつも通り、おやつ抜きでランドセルを

置いて公園に行く。

帰宅すると、いつもと違ったのは、

出迎えてくれたのは姉ではなく、母と警察官。

「お家に泥棒が入ったみたいなんだ。

怖い人はもうここにはいないんだけど

お母さんと一緒に、外に出ようね。」

真っ青な顔をした母に手を引かれ、

いつもの公園に来た。

そこで警察官に聞かれたのは、当時、

小学校の担任だった先生の事。

「怒ると怖いけど、面白い先生だよ!」

と私は答えたけど、どうやらあの時、

私の家に忍び込んで奇行を繰り返していたのは

先生だったんだと、しばらくして先生の姿が

見えなくなった時に気づいた。

首からぶら下げていた鍵を、貴重品だから

預かるよ、としれっとした顔で受け取り、

私の家でアホやってた先生は最近別の学校で

強姦未遂を起こして逮捕されたって同窓会で知った。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.20|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます