【怖い話 実話】絶対部屋に何か憑いてる 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話】絶対部屋に何か憑いてる 短編

友人が住んでいるアパートの話です。

長い間、散発的に発生している事なので

箇条書きでまとめてみました。

1)深夜にザワザワと話し声が聞こえる。

IMG_1930.jpg


疲れて寝ている時などは、「どうしたの?」

と女の声で囁かれた事もあるそうな。

⇒友人本人は幻聴だと言い張っている。

2)深夜にトイレの水が勝手に流れる。

何事かと確認に行った友人は、

頭を何かに触られたらしいです。

⇒私自身もこのトイレに入った事がありますが、

異常なまでの閉塞感、圧迫感があって、

二度と入ろうとは思いませんでした。

友人本人はこの件を、トイレの不調と気の

せいだと片付けております。

3)風呂場の排水溝周りに、

長い髪の毛が散乱する事がある。

⇒当時友人は坊主頭で、部屋には

女性が出入りする事もありませんでした。

これに関しては、友人本人も頭を捻っています。

4)アパートの近所の住人は、友人の部屋には

女の人がずっと住んでいると思っていたそうです。

⇒3)の件から何年か後に発覚した話です。

友人も丁度髪を伸ばしていた時期で、

自分を女と見間違えたんだろうと言っておりました。

ですが正直な話、友人本人はどう見ても女と

見間違えるには無理のある見た目です。

他にも細かな話が結構あるんですが、

書ききれないので省きます。

先日、友人と話していてこの話題に

なったのですが、「現物(幽霊)を見た

訳じゃないので気にしない。あんま怖い

事いうと住めなくなるからやめれ」と

笑っておりました。

私と他の友人たちは、

絶対部屋に何か憑いてると噂しております。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.03.31|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます