【怖い話 実話 じわ怖】横断歩道 じわじわ来る怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 じわ怖】横断歩道 じわじわ来る怖い話 短編

小学生の頃、友達二人で友達のいとこの家に

ファミコンソフトを借りに行った帰り。

国道で、友達は信号が

変わるのを待ってたんだけど、

IMG_3582.jpg


俺は早くそのソフトで遊びたくて、

横断歩道のないところから飛び出した。

走り出した瞬間に気づいた。

すぐ目の前、右から車が走ってきてた。

ドン、ってぶつかった感覚のあと、

俺はそのまま真後ろにあった

ガソリンスタンドの柱にぶつかった。

はねられたんだろうなって

感覚はあったんだけど、まったく痛くない。

何の問題もなく立ち上がった。

立ち上がったあと、ガソリンスタンドの店員が

血相を変えて飛び出してきた。

本当に何の問題もなかったので、

「大丈夫大丈夫」

って言ってはみるものの、信じてもらえない。

そりゃそうだろう。

俺が体当たりをかましてしまった車は、

少し先の路肩に停まってた。

採石場の11tトラック。

店員さんに肩で担がれ、

一番近くにあった医院(内科だったけど

緊急時なので)に連れて行かれた。

擦り傷すらなくて、どこも痛くない。

そのまま脳外科に連れてかれて色々検査。

なんの問題もなかった。

両親も心配して駆けつけたが本当に無傷。

後日のムチウチすらもなかった。

はねられた次の日、母親が職場の

ロッカーからあるものを持って帰ってきた。

首の取れた小さな地蔵のキーホルダー。

その年に職場の慰安旅行かなんかで熊本

(だったと思う)に旅行に行って、

身代わり地蔵っていうのを見に行ったらしい。

そこで買ってきたものらしいが、

はねられた次の日に職場のロッカーを

開けたら、首がもげてたとのこと。

一応供養はしてもらったけど、

あれがなかったら

俺死んでたのかもなぁと。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
2017.04.26|Genre:|Thread:恐怖の体験話コメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます