【怖い話 実話 ほん怖】足の裏を爪で引っ掻く幽霊 ほんのりと怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほん怖】足の裏を爪で引っ掻く幽霊 ほんのりと怖い話 短編

家には昔、寝ている間に足の裏を爪で引っ掻く幽霊が出没して、

家の母がその被害に遭い、酷い時は

足の裏の生皮を爪一本分の幅で剥がれて、

歩くのに難儀していた。

IMG_2361.jpg


そいつは部屋を変えてもなぜか必ず母の

所にしか現れず、母を困らせていたんだが、

ある時、自分が夜更かしをして深夜3時位に

布団に入りながらまったりしていたら、

足の裏にいきなりやたら冷たい何かが触れて、

その後にそのなにかがつーと

足裏をなぞる様に動く感覚がする。

なんとなく、直感で『こいつだ!』と感じたので、

引っ掻かれてない方の足で

『手がこの位置なら多分頭はここだろう』

って位置を思い切り蹴飛ばした挙句、

ついでに踵落としもして、

オマケに読んでたジャンプまで投げつけてやったら、

その感覚は消え、それ以後俺は同じ目に遭う事も無く、

おまけに毎回被害に遭っていた

母のそれもピタリと収まり、

もっと速くに俺の所に出てくれば

さっさと退治出来てたのにねと笑った。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます