【怖い話 実話 ほん怖】1人残らず1年以内に死ぬ ほんのりと怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほん怖】1人残らず1年以内に死ぬ ほんのりと怖い話 短編

子供の頃、曾じいちゃんが建てた

古い木造の家に住んでたんだけど、

1階奥の8畳が仏間兼客間になってたんだ。

ところが、この客間に泊まった人が1人残らず1年以内に死ぬ。

IMG_1696.jpg


それも、まだ40~50代で元気だった人達が、

事故や脳梗塞でポックリ逝っちゃうんだ。

まあ偶然だろうとあんまり気にしてなかったんだけど、

じいちゃんの通夜の晩に、

坊さんを呼んでその部屋でお経を上げてもらったら、

読経を終えた坊さんがゆっくりこっちを向いて、

「床の間の柱、逆さ柱ですね」

と言ったんだ。

逆さ柱というのは、普通とは逆に、

木の根っこを上にして立てる柱のこと。

『土に還る』という意味で、

寺や仏間だけに使われるものなんだって。

パッと見は普通の柱と同じでも、

よく見ると木目の向きが違うらしい。

教えられてもオレにはよくわからなかったけど、

お坊さんは見慣れてるから分かったんだろうな。

多分、仏間だからというので、

棟梁が気を利かせて

逆さ柱にしてくれたんだろう。

でも、家族の誰もそのことに

気づいていなかったんだよ。

「縁起のいいものではないから、

この部屋では寝ないほうがいい」

と坊さんに言われて、

それからはお客さんには別の部屋で

寝てもらうようにした。

以降、うちに泊まった人が

亡くなったという話は一度もない。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます