【怖い話 実話 ほん怖】山間の集落 ほんのりと怖い話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 ほん怖】山間の集落 ほんのりと怖い話 長編

古いものを家主のいなくなった家から回収して、

業者に売りに出す仕事をしています。

一般の人から依頼があって回収することもあるし、

解体業者からお呼びがかかって現場に出向くこともあります。

IMG_2093.jpg


その日は、知人の親戚の家が誰も住まなくなって

十数年放置されているので取り壊す、

取り壊す前に空き家に残っているものを

整理してくれないか、

という事で現場に向かいました。

福岡市内から車を1時間30程走らせた山間の集落で、

人の気配はあるのですが、

過疎が進んで他にも空き家がめだちます。

かなり大きい屋敷のような家だと聞いていたので、

その日は友人の息子T君を

アルバイトでついて来てもらいました。

屋敷は多くの家々が集まる場所から

少し離れて坂を上ったところにあります。

辿り着くまでに道が細くなるので、

坂を上る前の砂利を敷いたスペースに

車を停めて歩いて屋敷に向かいました。

3分ほど私道を歩いて見えたのは、

いやに縦に長い平屋で、

山間のこの村になぜこの形の家を

建てたのか若干疑問に思いました。

鍵で玄関を開き、

とっかかりとしてホコリと湿気を払う為に

屋敷の窓をT君と手分けして開ける事にしました。

いくつかの窓を放っていくと、

いくつかの窓に鍵がかかって無い事に気づいて、

まあ田舎だし場所が場所なのでと思い、

そのときは大して気にとめもしませんでした。

手まえの部屋から順に窓を開きながら

奥の部屋へと進んでいくと、

奥の方で誰かが話すような声、

というか気配を感じました。

一瞬T君が僕に話しかけたのかと思い、

位置を確認したら全く違う場所にいます。

気のせいかと思いさらに

奥の部屋に進んでいくと、

廊下のある部分を境に床材が

古いものに代わりました。

どうやらこの縦に長い家の作りは、

増築によってつくられたもののようです。

そして一番奥の部屋にたどりつき

引き戸を引こうとすると、

一瞬ドアが開いて、

すぐさま誰かが内側から強い力でひっぱって

戸をバタンと閉めました。

空き家と聞いていたので

唐突な出来事にパニクり、

「だれかいますかー?」

と聞くと、

「××××××××××××

!!!!!××××××××××××

!!!××××××××××××!!!」

という聞いた事のない、

まるでうなり声のような、

人が発したとは思えないような

獣のような返事が返ってきました。

それに中でどたばたと暴れているようで、

何かが壊れる音が聞こえてきます。

恐くなってT君のほうをみると、

彼もその声を聞いたらしく顔面が真っ青になり、

手を顔の前でパタつかせ、

ジェスチャーでもう帰ろう、

ここから出ようという意思を表示しました。

慌てて玄関を出て、

鍵もかけず私道を走ると、

後ろから再度

「××××××××××××

!!!!!××××××××××××

!!!××××××××××××!!!」。

ドタバタという音も聞こえてきて、

すくむ足をもつらせながらも

なんとか車まで辿り着き、

その場を立ち去りました。

車で途中の道の駅まで行き、

T君とさっきのはいったい

なんだったのかと話し合いました。

言葉を発していたので人間なのは

間違いないのですが、

言葉も通じないし、扉をひっぱった時の力は

とても村の老人とは思えない。

結論は出なかったのですが、

仕事で依頼のあったことなので扉を

開けっぱなしで出てきたのはまずい、

まだ恐かったのですがそこは社会的責任感で、

扉の鍵と窓を閉めるために

もう一度屋敷に向かいました。

恐る恐る扉を開けて入り、

なるべく音をたてないように

そっと窓を閉めてまわりました。

そして、最後に奥の部屋をもう

一度確認しようとすると、

さっきあったはずの扉がない…。

廊下が途中で終わって壁になっている。

壁の下の方に目をやると、

何かがじわりと壁から染み出した跡がありました。

T君と顔を見合わせて、

そそくさとその屋敷を出ました。

もしあの扉の向こうに入っていたら、

どこに繋がっていたのか。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます