【怖い話 実話 意味怖】国際テロ組織 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】国際テロ組織 意味が分かると怖い話 短編

ジャンボ旅客機がニューヨークの空港から

飛び立ちメキシコシティへと

向かっていた、

ところが・・・・。

IMG_1543.jpg


管制センターから緊急連絡が入った

国際テロ組織が

なんとこの機内に爆弾を仕掛けたという

犯行声明を出したというのだ。

「高度二千メートル以下になると

爆発する特殊爆弾だそうです」

「燃料は5時間分ありますが・・・

それが過ぎれば高度が下がって・・」

しかしはけろっとした顔でこういった

「機内にテロリスト自身はいないんだろう?」「はい」

「じゃあ、このまま行くぞ!」「!正気ですか!?」

「もちろん、ただし乗客に言うと

パニックになるから絶対にいうなよ。。。」

は怪しい笑顔を浮かべて、操縦桿を握った。





【解説】





メキシコ・シティ国際空港は

標高2,238mのところにある。

つまり、このまま飛んでメキシコ・シティ

国際空港に着陸しても、

『高度二千メートル以下』にはならないため、

爆弾は爆発しない。

こんな事態に遭遇しても

冷静な判断ができるのが素晴らしい。

ただ・・・大丈夫な理由を言わなかったこと、

怪しい笑顔を浮かべたことから、

”自分は特別なことをして危機を救ったんだ!”

とでも思わせたかったのだろうか…。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます