【怖い話 実話 意味怖】変なメモ 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】変なメモ 意味が分かると怖い話 短編

幼馴染から風車とともに変なメモが入っていた。

  わたしは
  ませ も
  りん。う
  あくがな

IMG_3729.jpg


変わったメモだけど彼女確か

重病だって言って入院していたんだよな。

大丈夫かな・・・・。





【解説】





風車が回る方向に読んでいくと、

『わたしはもうながくありません。』

もう長くはないということを知ってほしいけど、

直接言うのもはばかられるため、

できる限りわかりやすい暗号を送り、

その暗号に気づいていほしい、と思った?

ただ、風車がなくても、

文字の配列的に予想はつきそうなのに…

語り手の鈍さは相当なものなような・・・。

『幼馴染』

『彼女』

語り手が女性だと『彼女』

という表現はしないだろうから、

男性の方かなと推測。

しかも、幼馴染。

小さい頃から一緒にいたのだから、

きっと暗号に気づいてくれるはず!

そして、会いにきて!

という想いで書いたのに

それに全く気付かない語り手。

そう考えるとこの幼馴染が

非常に不憫でならない・・・。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます