【怖い話 実話 意味怖】「ただの地縛霊だろ」 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】「ただの地縛霊だろ」 意味が分かると怖い話 短編

私の彼はひどい人見知り。

知っている人にはむしろ強気なくらいなんだけど、

初対面の人にはレジの

店員にすらおびえる始末。

IMG_1717.jpg


ある夜そんな彼と、「出る」って噂の

ホテルに泊まることになりました。

他の客に怯える彼にため息をつきながら

私がチェックインを済ませました。

その夜、出たんです。女の幽霊が、何人も。

幽霊たちは皆恐ろしい形相をしており、

私はすっかり腰が抜けてしまいました。

ところが彼は、最初こそ驚いたものの、

幽霊たちと目が合うなり

手元にあった雑誌を丸めて蠅でも

払うように幽霊たちを追い払ってしまいました。

怖くないのか尋ねると、

「ただの地縛霊だろ」

ですって。

人じゃなければ平気なのね…

少し呆れながらもはじめて

彼のことを頼もしく思えました。





【解説】





『他の客に怯える彼』

『人じゃなければ平気なのね』

極度の人見知り(人嫌い?)で

よく人がたくさんいるホテルに

泊まろうと思ったもんだ。

幽霊が近くにいるから安心…とか?

ここまでおびえている『彼』ですが、

語り手は一体どうやって仲良くなったのだろうか?

人じゃなければ平気なのね』

とあることから、語り手の『彼女』自体が

人ではない存在?

しかし、チェックインをこの語り手が行っていることから、

幽霊ではないのだろう。

となると、人と会話ができる妖怪の類なのだろうか…?

それにしても、

『ただの地縛霊だろ』

と幽霊に対しては強気になれる彼が素晴らしい!


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます