【怖い話 実話 意味怖】絵の具を炊飯器にぶちまけていた 意味が分かると怖い話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 意味怖】絵の具を炊飯器にぶちまけていた 意味が分かると怖い話 短編

俺の嫁はどうもメシマズ嫁の

部類に入ってしまうらしい

料理に関してはどこか

抜けているところがあるのだ

IMG_1757.jpg


この間も、キャラ弁を作ろうとしたのか

絵の具を炊飯器にぶちまけていた

この前は金箔を使った料理を作っているのを

見ていたが、もう少し料理上手に

なってくれればいいと思ったんだ。

そして今日は嫁に飲みに行くと伝えたら

嫁は「今日はこの前と似たようなの

作ったのに…」と言っていたが

金箔を使った夕食だったのかと思い、

時間早々に抜けて帰ってくるかと思った・・・

数時間後、俺は救急車を呼んだ





【解説】





『金箔を使った料理』

と似たものということは銀を

使って料理した??

しかし、銀は金よりも固いため、

銀箔としては使えないはず。

固すぎて喉に詰まらせて

救急車で運ばれた可能性もあるのだが…。

仮に銀を諦めて別のものを使用したとすると

色の似ている水銀か?

水銀だとしたら毒性が強いため、

『数時間後、俺は救急車を呼んだ』

ということも納得できる。

また、せっかく作ったのだから、

その料理を見てほしい、

と考えてもおかしくない。

そのため、この料理を

”食べていない”可能性もある。

水銀であれば気化して

水銀中毒になる可能性もある。

料理なので熱を加えていれば、

気化してもおかしくないだろう。

水銀を使うなんてありえない!

と正直思うところであるが、

『キャラ弁を作ろうとしたのか

絵の具を炊飯器にぶちまけていた』

と『絵の具』というそもそも

食べ物ではないものを使っている時点で、

水銀を使ってもおかしくないように思えてしまう…。

絵の具を使うとか、

メシマズの部類から

外れているように思えるが…。

ちなみに

「オムライスを作ってもらったら、

中のチキンライスをタバスコで作られた」

なんて話を聞いたことがある。

赤いという連想からだけで

料理を作るのだろう。

現実にそういう人がいるのはすでに知っているため、

そこからちょっと外れれば、

食べれない絵の具を

”色合い”のためだけに入れる、

という発想になって

しまうのかもしれないと思ってしまった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます