【怖い話 実話 本当にあった怖い話】覗きレンズを覗いた ほん怖 奇想天外 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 本当にあった怖い話】覗きレンズを覗いた ほん怖 奇想天外 長編

一人暮らしを始めたばかりの頃、

俺の住む県に台風が直撃した。

その夜は眠りをさまたげるほど、

風がびょおお、と音を立てて吹き荒れ、俺は眠れずにいた。

IMG_1961.jpg


そんな時だ。

突如玄関のチャイムが、ピンポン、と鳴った。

こんな夜中に誰が?と思いつつ、

俺は覗きレンズを覗き込んだ。

人がいる。

ぎょっとしたが、声をかけた。

「どなたですか」

「おう、○○、俺だよ」

「あれっ!?何だよお前、連絡もなしに」

その声は俺の友達の声だった。

だが、外が暗いのと、

帽子を深々とかぶっているので、

顔がよく見えない。

そんなことはどうでもいい、

相手が友達だったという安心感に、

「それにしてもお前、この嵐の中よく来たなあ」

と言いながら鍵を開けはじめた。

だが、俺はそこで気が付いた。

<一体どうやって、この嵐の中を

徒歩で来たのだ?>

彼には運転免許がない。

バスで来たとしても、

バス停からここまで、少し歩かなければならない。

それに、こんな風の吹き荒れる夜に

遊びに来るやつはまずいない。

一体何の用が?

俺はまた覗きレンズを覗いた。

「お前どうやって、ここに来たんだ?」

すると彼は、数秒の沈黙の後、

顔面を思いっきり覗きレンズに近付けてきた。

顔がロウ人形の様に白く、

目だけがリモコン操作されたように

ギョロギョロとしていた。

それは俺の知っている彼ではなかった、

いや、それどころか、それは人ではなかった。

そしてそれは、

口をこれでもかとばかりに横にひろげ、

にいぃっ、と笑った。

俺は腰が抜け、その場に座り込んでしまった。

我にかえると、急いでその友達に電話をした。

当然ながら、彼は来ていないと答えた。

その夜はますます眠れなくなってしまった。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます