【怖い話 実話 最も怖い話】京都北区に後輩の前田(仮名)が下宿していました。背筋が凍るゾッとする話 短編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 最も怖い話】京都北区に後輩の前田(仮名)が下宿していました。背筋が凍るゾッとする話 短編

1976年から1978年。

京都北区に後輩の前田(仮名)が下宿していました。

2階建ての木造下宿アパートは

玄関を入ると両側に4畳半の部屋が6部屋ずつ並び、

IMG_1705.jpg


2階も同様の作りで、部屋ごとに植物の

名前がつけられていました。

蘭(らん)とか楓(かえで)とか桔梗(ききょう)とかです。

夕方、日も沈みかけた頃に

帰ってきた前田は玄関を開けると、

薄暗いローカを、漠然とした黒い気体のような物が

各部屋にサーッと散らばって入っていく

様子を見てしまいました。

何だろう?と思ったそうです。

目の錯覚かなと思ったと言ってました。

当時、ほとんどの学生はバイトをしていました。

前田が帰ってきたときには下宿には

誰もいない状態でした。

前田の部屋は1階の一番左奥でした。

気のせいだろうと思い自分の部屋へ向かいました。

下宿の部屋の日差しは全体的に悪く、

特に一番奥にある前田の部屋は

昼でも明かりを灯さないと真っ暗な状態でした。

引き戸の部屋の戸を開け、中に入り、

手探りで蛍光灯のヒモを探し、

それをつかんで明かりをつけようとしたまさにその時です。

外から帰宅して、部屋の暗さに

目の慣れていない状態の前田のすぐ目の前から、

何かが「ハァーッ!」と息を吹きかけてきたのです。

前田は慄いたと言っていました。

驚いて、すぐに明かりをつけたのですが、

何も部屋にはいません。

一体、今、自分の顔に息を吹きかけたのは

何者だったのだろうと言っていました。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます