【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】一番怖かった霊体験 びびる話 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 戦慄の恐怖体験談】一番怖かった霊体験 びびる話 長編

これは学校にまつわるっていうか俺の体験談なんだけど。

うちの学校(とはいっても十数年くらい前の卒業生なんだが)は

半寮制の学校で学校から遠い人は

学校の近くの寮に入るっていうシステムだった。

IMG_1601.jpg


ちなみに中高一貫教育で 大体中1~中2、

中3~高1、高2~高3で別の寮って

いう感じに3つの寮があった。

んで俺が高1の時、つまり2番目の寮に

移った時の話なんだけど。

その寮は地下1階地上3階の造りで(正確に

言うと傾斜地に立てられているので

見方によっては4階建て)各階がL字型をしていた。

問題の話は3階の部屋に

部屋替えで移ってきた時に起こった事なんだ。

ちなみに各階にトイレは2ヶ所づつあるんだけど、

なぜか3階のトイレだけは

1ヶ所にしかなかった。他の階のトイレがある

位置はなぜか「あかずの間」に

なっていた。俺は丁度その「あかずのトイレ」の

隣の部屋に移ってきたんだ。

丁度学校は2学期を迎えるくらいの時だったから

9月の上旬くらい。まだ夏の

蒸し蒸しした感じが強い頃だった。

俺が移ってきたその部屋は、入ったときから

いやーな感じがしていたが、

その寮自体が老朽化していた事もあり、

ぼろいからこそ嫌な感じがするんだろう

なーくらいにしか感じてなかった。ちなみに部屋の

構成は2段ベッドが2つ

高1が二人で中3が二人といった感じで

俺は2段ベッドの上の方にいた。

大体高1がベッドの優先所有権を持っていて

大体の奴は下を選択していたが、

その寮は極めてぼろく、部屋の中にムカデや

ゴキブリがたくさん出るような

状況だったから、その手のモノが大嫌いな俺は、

迷わず上のベッドを選択していた。

そんなある日の夜、俺はなかなか寝付けずに、

寝苦しい夜を過ごしていた。

周りからは周囲3人の寝息くらいしか聞こえない。

なんかやだなーといった

漠然とした不安があった為、どうにかして寝ようと

悪戦苦闘していた。

そんな時、不意に俺の体が動けなくなった。

いわゆる金縛りの状態だ。

よく金縛りにあう状況の時はラップ音を

聞くとかいうが、そんときはそんなもんは

聞こえず、いきなり固まった。

しばらくその状態でもがいていると隣の「あかずのトイレ」が

開く音がした。

「ギイィィィィ。。。。。」

「うわっ やばいっ!!」

俺は必死で目を閉じた。(金縛りだったがどうにか目を

閉じる事は出来たので)

すると「あかずのトイレ」からは

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

と何者かが出てくる気配がする。そして

「あかずのトイレ」の前の部屋に止まる。

(この時そのモノがどこにいるのか、何故か

明確に把握出来ていた)

「俺の処に来るなーーー!!」

そう念じてみるものの、そのモノは俺達の部屋の

前まで移動を開始した。

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

「うわぁぁーーー」心のなかではまさに半狂乱。

しかしそのモノは、俺の心が通じたのかどうか、

また移動を開始した。

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

ホッとはしたもののまだ金縛りは解けない。

でも自分の部屋を通り過ぎた安堵感で

正直嬉し泣きしそうだった。

そのモノは各部屋の前で一旦停止し、

また動くという事を繰り返し、結果として

3階全部の部屋をまわった(見てないので はずだ。)

L字の先のところまで辿り着いたはずだ。

相変わらず俺の金縛りは解けない。

そしてそのモノはまたこちらのほうに向かって

歩き出した。

 ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ 

ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

今度は各部屋の前で止まらずまっすぐ

開かずのトイレに向かっている様子だ。

「はやく自分の居場所に戻ってくれーーーー」

俺はずーーーっとそう念じていた。

ところが、、、

そのモノは俺の部屋の前で止まった。

その上俺の部屋に入って来た!!

ヒタッ ヒタッ ヒタッ ヒタッ

「うわぁぁぁぁ!!!!!!」(号泣)

もう半狂乱どころの騒ぎではない、大泣きである。

不思議と涙は出なかったが(笑)

そして俺のベッドの前に来てしまった(涙)

もう、そいつが人間のようなものであるという事が、

鋭敏に伝わってきていた。

なにしろ、前述の通り俺は2段ベッドの上の方。

そいつの顔が俺の真横にあるのを感じるのだから・・・

そいつの鼻息のようなものまで、リアルに感じる。

その時そいつはこう言った。

「オレノベッド・・・・」

俺はその言葉を聞いた瞬間に、

遠のく意識を感じた。

ようするに気絶してしまったのだ。

ちなみに気絶したのは先にも後にもこれが初めて。

2度としたくない。

その日の事を「どうせ信じて貰えないだろう」

と舎監に話したところ、

「そうか、お前も会ったのか・・・」と一言。

それを話したその日に、

俺の嘆願通り部屋替えをしてくれた。

舎監が言うには、大体2年か3年に1度くらいは

そういう事を言ってくる輩がいるとの事。

さらにこれは卒業後に聞いた事だが、

昔心臓に病をもった俺の先輩にあたる人がいて

その人はその病を苦に現在「あかずのトイレ」に

なっているそのトイレで自殺を図った

らしい。そしてその自殺をした時に

使っていた部屋は俺の部屋で、

当然寝ていたベッドは俺の寝ていた

その場所だったらしい。

以上、いままで経験した

一番怖かった霊体験のお話でした。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます