【怖い話 実話 心霊・怪談】元でも有名な心霊スポットに行くことになった。怖い出来事 長編 - 超怖い話 実話

ピックアップ!

【怖い話 実話 心霊・怪談】元でも有名な心霊スポットに行くことになった。怖い出来事 長編

もう8年くらい前の夏休みの話。夏休みと言っても朝から

晩まで部活動の毎日。そんな夏休みも半ばにさしかかった頃、

僕達の住む北の大地はちょうどお盆で、

帰省してた部活のOBが車で遊びに来ていた。

IMG_1876.jpg


毎日の練習に飽き飽きしていた僕達が

そのOBに「どっか遊びに連れてけ!」と

せがんだ結果、じゃあ肝試しにでも・・・

ということで地元でも有名な心霊スポットに行くことになった。

出発は夕方。

部活内で参加者を募るものの、

集まったのは結局3人だけだった。

肝試しに行った先は一軒の空き屋で

遠くから見た感じではただの家に見えた。

ただ、家の周りには2Mくらいの柵で囲まれていて、

近くでみると相当広い敷地だった。

まずOBが、次ぎにG君が、

更にO君が続き最後に僕が柵の中へと入る。

だんだん日も暮れかけ薄暗かったので

OBが持参した懐中電灯を手に進んだ。

荒れ果てた敷地内にさほど痛んでもいない家。

なんとなーく不気味さはあるものの幽霊が

出てくるわけでもなく「つまんないねー」

とかいいながら歩いていた。

暫く家の周りをぐるぐる歩いていると

虫の羽音が耳元をかすめた。

蚊じゃなくて、蝿とか蜂のようなブンブンという音。

微かだったけど、僕はこの音が嫌いで

何度も払おうと頭を振っていた。

前を見るとG君もO君も似たような仕草をしている。

「虫、いるなぁ~」とOBが言い、

みんなで「ウゼーウゼー」とか言いながら歩いた。

でも払っても払ってもブーンブーンという音は消えない。

それどころか、だんだんその音は大きくなってきてるようだった。

ふと、G君の歩みが止まった。

「なんか・・・虫じゃなくね?」

そんなG君の言葉に全員が

立ち止まり耳を澄ましてみる。

よくよく聞いてみると、その音はお経だった。

まずOBがギャー!と叫び、それに続いて

全員が叫びながら柵の方へ走った。

夢中で走ってとにかく早くここから出たかった。

けど、他の3人が次々と柵越えする中、

僕は家の方を振り返って見てしまった。

空き屋であるはずの家。

なのに、窓からは明かりが漏れていた。

僕は柵を越えることも忘れてしまう程に

その家の窓から目が離せなくなっていた。

だって窓の中、つまり家の中には

僕達4人が麻雀をする姿があったから。

G君の叫び声で我に返り柵を越え、

もう一度家の方を見た時にはすでに何も見えなかった。

明かりも消えていて元の空き屋に戻っていた。

この話は同行した3人は信じてくれなかったし

(3人は見ていなかった)、

それ以前に僕達4人で麻雀

なんかしたことがなかったから、

何を意味するのかはいまだにサッパリ分からない。

今のところ何も不吉なことは

起きてませんが、今後が心配です。


関連記事

スポンサードリンク

タグキーワード
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © 超怖い話 実話 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます